視力低下の原因と予防方法

視力低下は遺伝による影響も大きいですが、生活習慣を見つめなおすことで避けることも出来ます。特に影響が大きいのがパソコンやスマホのようなモニター画面を長時間見続けることで目を酷使してしまうことです。そのような作業を行う場合には定期的に目を休ませてあげる対策が視力低下を防ぐために大切です。

41b729663b77c2eee958f1677f329aae_s

視力低下の原因

遺伝による影響

視力低下の原因で避けることが出来ないのが遺伝による影響です。視力低下をもたらす近視は親から受け継がれた遺伝や生まれ持った体質によって、小学校入学以降から成人になるにかけて視力が低下することがあります。

目を使い過ぎている

視力を低下させる原因として長時間のパソコン作業やスマホ操作、勉強などが挙げられます。これらに共通することは、近い距離でモノを長時間見続けることです。

会社に出勤すると朝から夜までパソコンをはじめとするモニター画面を凝視することが多いエンジニア系や経理や会計処理のような事務作業の職についている方、受験や資格習得のために長時間教科書やノートとにらめっこすることが多い方、外出先や電車での通勤通学の時間帯でもベッドでも常にスマホやタブレットをいじっていることが多い方などは目を使い過ぎています。

そのような方達は、近い距離のモノを見る時間が長く目のピント調節機能を担っている毛様体筋に大きな負担がのしかかっています。目との距離が近いモノをクリアに見るためには、毛様体筋が頑張って働き水晶体という眼のレンズを厚くさせる必要があります。水晶体が厚くなることで目に入る光の屈折力が高まり、近くのモノでもはっきり見えるようになるのです。

しかし、長時間近くのモノを見ることは毛様体筋には大きな負担となり、そのような状態が長く続くと毛様体筋のピント調節機能が衰えていき、視力の低下に繋がるのです。

モノを見るときの姿勢が悪い

パソコンを見る際に前かがみになっていたり、本やスマホを見るときにベッドに寝転がっていたり、ソファーで横になりながらテレビを見ていたりする場合は注意が必要です。

モノを見るときの姿勢は視力に影響を与えます。姿勢が悪い状態でモノを見ていると、左右の目の視力差を生む原因になります。また、見えにくい姿勢でモノを見ていれば、目を凝らしてモノを見ようとしますので、余計に目に負担をかけることになります。目に負担が多きればそれだけ目の筋肉が疲弊してしまいますので、ピント調節機能が衰え視力低下に繋がっていきます。

部屋が暗い場所でモノを見ている

部屋が暗い場所でパソコンやスマホ、本を見ていると視力が悪くなると言われることが多いです。これは暗い場所でモノを見ようとする場合、自然と目とモノとの距離を近づけることが大きな原因です。

暗い場所でスマホを見る際、明るいところでは十分に見える距離感であっても見えないことが多いので、無意識のうちにスマホに目を近づけるようになってしまい、より目との距離が近くなり目に大きな負担がかかるのです。

暗い場所では明るい場所よりもさらに目との距離が近くなることが視力低下をもたらす原因になりますので、部屋の明るさにも注意する必要があります。

メガネやコンタクトレンズの度数がずれている

メガネやコンタクトレンズの度数がずれていると、見えにくい状態が長く続いているため知らず知らずのうちに目に大きな負担を与えてしまいます。モノが見えにくいと脳が頑張ってモノを見ようとするため、目の筋肉が絶えずモノをはっきり見ようとピント調節のために働くので、目周辺の筋肉が疲れやすくなります。

メガネやコンタクトレンズを装着することは視力低下にはつながりませんが、度数がズレてしまっていることで見えにくい状態になっていると視力低下に繋がりますので、度数がズレてしまっていないか注意が必要です。

視力低下の予防方法

仕事や勉強には必ず休憩を入れる

視力低下を防ぐためには仕事や勉強のように近いモノを見続ける作業中において目の休憩を定期的に入れることが何より大切になります。

近くのモノを長時間見続けていると眼のピントを調節している毛様体筋の緊張が続いて大きな負担になりますので、目の休憩を必ず入れるようにしましょう。1時間作業したら10分から15分は休憩を入れるのが望ましいです。

また、休憩をする場合には当然ながら近くのモノを見続けるような行為は厳禁です。休憩中にスマホをいじったり、本を読んだりしてしまっては目の休憩にはなりません。

遠くを見る習慣を付ける

近くのモノを見ることが多い人ほど遠くを見るように意識しましょう。仕事で一日中パソコンとにらめっこしている方や資格や受験のために勉強に励んでいる方は仕事や勉強の休憩時間に出来るだけ遠くを見て目の毛様体筋の緊張を解してあげましょう。

近くのモノを見るときは毛様体筋は緊張していますが、遠くのモノを見るときは毛様体筋はリラックスすることが出来ます。そのため、定期的に毛様体筋を休ませるためにも遠くのモノを見るよう習慣をつけるようにしましょう。

正しい姿勢をモノを見る

姿勢は視力にも影響しますので、パソコン作業をするとき、スマホや本、テレビを見るときには姿勢を正すようにしましょう。パソコン作業をする時は、前のめりにならないように背筋を伸ばし、パソコンモニターと目との距離をしっかり置くようにしましょう。最低でも50cmは距離をとってください。

スマホを寝るときにベッドに横になりながら見る人も多いですが、そのような見にくい姿勢だと視力低下に繋がりますので、椅子やソファーに座ってみるようにしましょう。最低でも横向きの姿勢になってスマホを操作するようなことは避けるべきです。

目周辺の血行促進

目周辺には多くの血管が通っており、各器官に必要な栄養素や酸素を供給する役割を担っています。そのため、目の健康を守り視力を維持するためにも目の周りの血行を促進することが大切です。

そのため、レンジで濡れたタオルを温めたホットタオルや市販のホットアイマスクなどを使って目を温めて血行を促進させる対策を取りましょう。目を温めることで血行が良くなれば、長時間近くのモノを見続けることで疲労が溜まっている毛様体筋の疲労を回復させることにもつながります。

目の健康を守る栄養素を摂る

視力低下の予防のためには、体内に目の健康に必要な栄養素を摂り入れることも重要です。栄養素の不足や目の疲れやすさや視力低下をもたらす原因にもなります。

目の健康を守る栄養素としてはブルーベリーに多く含まれるアントシアニンや緑内障に多く含まれるルテインなどがあります。アントシアニンはロドプシンの再合成を促進させる働きがあり視力低下予防に効果的ですし、ルテインは強力な抗酸化作用により目の水晶体や網膜といった視覚を得るために欠かせない各組織を紫外線による影響から守ってくれる働きが強いです。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー