目に良い成分と食べ物

目とビタミンCの関係

美容や健康に良いビタミンCは目の健康を守る効果もあります。その代表的な効果として白内障予防効果があります。ビタミンCには強い抗酸化作用があり、その抗酸化作用によって酸化ストレスによって水晶体が濁ってしまうのを防ぐ或いは白内障の進行を遅らせるといった効果が期待できるのです。

163aa4517e3b1b13160fb85d9ab0248d_s

ビタミンCとは

ビタミンCとは水溶性ビタミンの一つです。皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあり、肌のシミ予防や肌にハリを与える美容効果や風邪を引きにくくする免疫効果などがあります。

ビタミンCはレモン、グレープフルーツ、みかんといった柑橘類やイチゴ、キウリフルーツなどの果物、赤ピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれるビタミンです。このビタミンCや美容や免疫力の効果だけではなく、強い抗酸化作用があるため目の健康を守るのにも効果があります。

ビタミンCの白内障予防効果

ビタミンCは強い抗酸化物質を含むため、目の病気である白内障の予防に効果があると言われています。白内障とはレンズ機能を果たしている水晶体が濁ってしまうことで、視力が低下してしまう病気の事です。水晶体の濁りや加齢による老化によるタンパク質の変質が関係しており、抗酸化物質を摂取することが白内障の予防につながるのです。

白内障はほとんどが加齢が原因である加齢白内障なので、強い抗酸化作用のあるビタミンCを摂取することで加齢による水晶体の濁りを予防し、濁りによる視力低下を防ぐことが出来るのです。

現在までにビタミンCと白内障の関係性については多くの研究が行われており、その中で1日に260mg以上のビタミンCを摂取することで白内障の予防効果が得られるとの研究結果も発表されています。

ただ、白内障によって一度濁ってしまった水晶体を元に戻すことは出来ないため、ビタミンCを摂取しても白内障を完治させたり、白内障によって低下してしまった視力を回復させたりすることは出来ません。あくまでも強い抗酸化作用によって水晶体が濁ってしまうのを予防したり、酸化による進行を遅らせるといった効果が見込めるというものです。

白内障によって視力が低下してしまった場合、視力を回復させるためには白内障手術が必要になります。白内障手術は濁ってしまった水晶体を新し人工レンズに取り替える手術ですので、水晶体の濁りによってもたらされていた視力低下を回復させることが出来ます。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー