目に良い成分と食べ物

目とビタミンB群の関係

ビタミンB群は視神経の働きを活発にしたり、目の充血を抑える働きがあるため、目の健康には欠かせない栄養素になっています。角膜や結膜の炎症を抑える働きもあるため、目薬ではビタミンB群が多く使われています。

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

ビタミンB1

豚もも肉、うなぎ、ハム、発芽精米、玄米などに多く含まれるビタミンB1は目の疲労を回復させるのに役立つビタミンです。

ビタミンB1は筋肉の疲れを和らげる働きがあるため、目の酷使による目の筋肉を疲れを和らげてくれるので目の疲れ解消に良いとされています。目には、目から入ってくる光の量を調節する虹彩筋、ピント調節を担う毛様体筋、眼球を動かす眼球移動筋があり、それらの疲れを和らげることが目の疲れや眼精疲労を解消させることに繋がります。

ビタミンB2

チーズ、牛乳、卵、いわし、さばなどに多く含まれるビタミンB2は疲れ目による充血や視力を維持するのに役立つビタミンです。

タンパク質や糖質をエネルギーに変える際の必須のビタミンB2は疲労回復に効果があり、疲れ目によって起こる充血や視力の低下を防ぐ役割があります。また、皮膚や粘膜を守る働きがあるため、目の乾燥によって引き起こされるドライアイにも効果的なビタミンです。

ビタミンB6

マグロ、鶏むね肉、牛レバー、カツオなどに多く含まれるビタミンB6は眼精疲労に効果があるビタミンです。ビタミンB6はタンパク質を吸収するため、タンパク質を主成分とする毛様体筋などの筋肉の機能を維持するため、筋肉の疲労により生まれる眼精疲労に効果があるのです。

また、不足することで目の炎症を引き起こすなど目の炎症を防ぐ効果があり、目薬ではビタミンB6が成分として使われることが多いです。

ビタミンB12

しじみ、あさり、牡蠣、牛レバーなどに多く含まれるビタミンB12は核酸やアミノ酸、タンパク質の合成を助けることによって神経細胞の機能を正常に保つ効果があります。そのため、目から入ってきた光を脳に視覚という情報として伝える役目を果たす視神経の働きを高め、視覚情報の伝達をスムーズにする役割があります。

また、目の粘膜組織を正常に保つ働きもあるため、不足することで角膜や結膜の炎症が起こりやすくなります。そういった事から目薬にはビタミンB6同様に成分として使われることが多いです。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー