目に良い成分と食べ物

目とビタミンAの関係

ビタミンAは夜盲症の予防や疲れ目から来る目の症状の軽減、角膜の健康を守るといった目の健康を維持する効果があります。特に暗いところで視力が低下してしまう夜盲症に効果がありますので、夜盲症を防ぐためにもビタミンAを摂ることが大切です。

bc61ab1d4d40b0443152b1faace0c577_s

ビタミンAとは

ビタミンAとは脂溶性ビタミンの一つで、鶏レバー、うなぎ、いちご、緑黄色野菜である人参、ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃなどに多く含まれるビタミンです。

皮膚、目の角膜や粘膜、口、鼻、のど、胃腸、気管支、膀胱、子宮などを覆う粘膜の新陳代謝を促し、健康な状態を保つ働きがあります。不足すると、これらの粘膜の新陳代謝が上手く機能しなくなり、老化によってそれぞれの機能低下に繋がっていきます。

ビタミンAによる目の健康効果

夜盲症の予防

ビタミンAは目の網膜にあるロドプシンという色素の主成分です。ロドプシンは目から入ってくる光を感じ取る重要な役割を果たしており、ロドプシンが不足すると暗い所での視力が低下してしまいます。

特に明るい所から暗い所に移動した際に、目が暗さに慣れるまでに時間がかかってしまう夜盲症はビタミンAの不足によって引き起こされます。そのため、ビタミンAを摂ることによって夜盲症を予防したり、夜間時の視力の低下を予防することに繋がるのです。

目の疲れによる症状を解消

ビタミンAは目の網膜にあるロドプシンの主成分のため、ロドプシンの再合成には欠かせない栄養素になります。

ロドプシンは目から入ってくる光を受け取り分解されることで脳に電気信号を送り視覚という感覚を伝える役割を果たしています。そして分解されたロドプシンは瞬時に再合成され、再び光を感じ取り分解し脳に視覚情報を送るということを絶えず繰り返しています。

しかし、目を酷使しているとロドプシンの再合成が間に合わなくなり、目から入ってくる情報を上手く脳に送ることが出来なくなり目の疲れによる目のかすみや一時的な視力の低下が起こってしまいます。さらにこれらの症状はによって、目が見えにくくなっている状態からさらに頑張ってモノをはっきり見ようとすることによってさらに目は疲れてしまい悪循環に陥ってしまいます。

それらを防ぐためにはロドプシンの再合成をスムーズに機能させてあげることが大切です。ビタミンAはロドプシンの主成分ですので、ビタミンAを摂取することでロドプシンの再合成が上手く働き、目の疲れによる症状やそれらから再び起こる目の疲れの悪循環を解消することに繋がります。

目の角膜を守る役割

ビタミンAは目の角膜の細胞を作り替えたり、角膜の表面を保護する粘液の成分になります。角膜は目の一番外側の部分で、一番最初に光を受け入れる場所ですので、この角膜の透明度が下がってしまうとモノを見るときの鮮明度が落ちます。ビタミンAは角膜の透明度を維持するために欠かせない栄養素です。

さらに角膜が傷ついたり、乾燥してしまうとドライアイという症状が起こるため、角膜を守るビタミンAはドライアイの予防にもつながります。

強い抗酸化作用により老化を防ぐ

ビタミンAは抗酸化ビタミンの一つで強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、活性酸素による酸化ストレスから細胞を守り、細胞の老化を遅らせる作用の事で、酸化ストレスによる目の老化を防ぐことにもなります。

目も体の各部位同様に細胞が老化してしまうことによって機能が低下していきます。加齢や紫外線による影響、日々の生活習慣の中で発生する活性酸素によって身体は絶えず活性酸素によるストレスにさらされているわけですが、ビタミンAは強い抗酸化作用によって細胞の老化を抑える働きがあるため、老化によって視覚機能が低下してしまうのを抑える働きがあります。

ビタミンAの注意点

ビタミンAは摂り過ぎることによって吐き気や疲労感をもたらすことがあります。ビタミンAは脂溶性ビタミンであり、体内にとどまる性質があるために、摂り過ぎの場合には体内で悪い作用を起こし、吐き気や疲労感といった症状を引き起こすことがあるのです。

ビタミンAは動物性食品に含まれるレチノールで効率的に吸収することが出来るため、鶏レバーやウナギなどが勧められることもありますが、それよりも緑黄色野菜から摂る方が安全です。

食黄色野菜にはβカロテンが多く含まれており、βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。レチノールはビタミンAの状態で体内に入り、βカロテンは体内でビタミンAに変換されるため、レチノールよりも吸収率は低いですが、摂り過ぎを防ぐことが出来ます。βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されるという性質を持つので、ビタミンAの過剰摂取を心配する必要がありません。そのため、ビタミンAを摂取する場合には動物性食品に含まれるレチノールよりも緑黄色野菜に含まれるβカロテンを摂る方がオススメです。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー