ぶどう膜炎の症状、原因、検査、治療方法まとめ

脈絡膜、毛様体、虹彩の総称であるぶどう膜に炎症が起こる目の疾患のことをぶどう膜炎と言います。ぶどう膜炎は目のかすみやまぶしさ、飛蚊症、さらには視力低下などを引き起こします。重症化してしまうと合併症を引き起こし失明近くまで視力が大幅に低下してしまうこともありますので、要注意です。

e477c8ddfd60fa313264fe6b48193b0e_s

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜炎とは、ぶどう膜と呼ばれる組織が何らかの原因によって炎症を起こすものです。ぶどう膜は、脈絡膜、毛様体、虹彩という眼球の中心部分を包み込むように広がっている組織の総称の事。

ぶどう膜は目の組織の中で大変多くの血管が集まっているため、炎症に代わる白血球や色々な微生物、抗原というタンパク質が集まりやすい場所です。そのため、炎症を起こしやい特徴があります。このぶどう膜の炎症こそがぶどう膜炎です。

ぶどう膜は脈絡膜、毛様体、虹彩の総称で、脈絡膜は網膜と強膜の間にある膜状の組織で眼球内部の広い範囲を覆っています。この脈絡膜はたくさんの血管があって、そこを流れる血液が網膜に酸素や栄養素を届ける重要な役割を担っているのです。

毛様体は毛様体筋により水晶体の厚さを変えることで遠くや近くのモノでもピントが合うようにするピント調節機能を果たしており、さらに房水を使って眼球内に栄養を供給する役割を果たしています。

虹彩は周囲の明るさに合わせて瞳孔の大きさを調整して、目に入っていく光の量を調整する役割をしています。

脈絡膜、毛様体、虹彩はそれぞれ目にとって重要な役割を果たしているため、それらのぶどう膜が炎症を引き起こすことで視覚機能に様々な障害が起こるようになるのです。

ぶどう膜炎の症状

ぶどう膜炎の症状は様々で、目の症状としては目がかすみがかったように見える霧視、虫が飛んでいるように見える飛蚊症、光がまぶしく感じる羞明感、視力の低下、眼痛、眼の充血などの症状が見られます。

ぶどう膜炎の症状は両目に出る場合もあればどちらか片方の目のみに出てくることもあります。また、症状が段々悪くなっていくものや、一時的に良くなったり再度悪くなったりといったように治ったり、再発したりという場合もあるので、ぶどう膜炎の症状の表れ方は非常に多彩です。

ぶどう膜炎の症状として霧視や飛蚊症、羞明感といったものが出てくる原因は、眼の中にある透明な前房と硝子体に炎症性細胞が広がっていくためです。ぶどう膜が炎症を起こすことで、本来透明で光をスムーズに網膜に通過させるはずの前房と硝子体に炎症性細胞が広がってしまうことで光がスムーズに通過しにくくなり、眼のかすみや光の乱反射によりまぶしく感じる、虫が飛んでいるように見えるなどの症状が出てくるのです。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎の原因は様々ですが、ぶどう膜炎を引き起こす原因疾患が分からないことが多いです。様々な検査によって原因を突き止めようとしても原因が分からずに、原因不明のぶどう膜炎と診断される場合が3人に1人とぶどう膜炎の多くを占めているのです。

また、原因疾患が分かっているものでは、感染菌による感染のもの、免疫異常によるものがあり、昔から三大ぶどう膜炎と呼ばれるものがあります。それはサルコイドーシス、原田病、ベーチェット病です。これらはぶどう膜炎の原因の40%を占めており、三大ぶどう膜炎と呼ばれてきました。

サルコイドーシス

三大ぶどう膜炎の中でも最も多いのがサルコイドーシスです。これは全身の様々な臓器をおかす恐れのある肉芽腫が形成され、リンパ節の腫れを伴う疾患のことです。

サルコイドーシスは目の症状として霧視、羞明、飛蚊症、ぶどう膜炎などがあり、発病頻度は男性よりもやや女性の方が多い傾向にあります。また、発症年齢は50歳代から60歳代の女性に多く、男性の場合には20歳代と若年層に多くみられる傾向にあります。

サルコイドーシスは症状が長引いたり、再発を繰り返すと、その他の眼病を合併して視力低下などの症状を引き起こすことがあります。

原田病

三大ぶどう膜炎の一つである原田病は、メラノサイトに対する各組織の色素細胞が自己免疫の作用によって破壊されてしまう病気です。原田病は白人には少なく、東洋人に多い傾向があります。

原田病の症状としては両目の急激な視力低下や目かすみが挙げられます。また、眼以外の症状としてめまいや耳鳴り、倦怠感などが表れることがあります。

ベーチェット病

昔から三大ぶどう膜炎の一つとして知られていたベーチェット病は、現在では減少傾向にあります。2002年のぶどう膜炎の原因疾患では、サルコイドーシス、原田病に次いで第3位でしたが、2009年には第6位となっています。

このベーチェット病は皮膚、眼、内臓、血管、神経などに炎症を起こす原因不明の全身疾患です。症状は四大症状と呼ばれるものがあり、口内炎、外陰部潰瘍、毛膿炎様皮疹、眼のぶどう膜炎があります。ベーチェット病は目の症状としてぶどう膜炎、眼底出血、視力低下などがありますが、重症化することで視力が大きく低下し、最悪の場合失明寸前にまで陥ってしまうことがあります。

また、合併症に注意する必要があり、高い頻度で起こる合併症には失明のリスクがある白内障、緑内障、網膜剥離などがあります。

ぶどう膜炎の検査

ぶどう膜炎の検査では炎症がどのような形で起きているのか調べる蛍光眼底造影検査や網膜断面構造解析といった目の検査以外に血液検査や胸部X線検査といった全身の検査に加え、免疫の反応を見るツベルクリン反応検査が主に行われます。

これらの検査によってぶどう膜炎と診断されたり、その原因疾患が見つかることもあれば、これらの検査では不十分で、より詳しい検査を必要とする場合もあります。また、検査を行ってもぶどう膜炎の原因疾患が見つからない場合もあります。2009年の日本眼炎症学会によるぶどう膜炎の原因疾患に関する調査では、原因疾患が不明であるぶどう膜炎は全体の33.5%もあることが分かっています。2002年の調査の38.9%よりは少なくなっていますが、それでもまだまだ全体の30~40%近くが原因疾患が不明なので、検査を行っても原因を特定することが出来ないこともあります。

ぶどう膜炎の治療

ぶどう膜炎の治療は主に内科的治療が行われます。つまり薬物療法がおこなわれ、薬物によって炎症を抑える治療が基本になります。薬物の投与の仕方は、その炎症の状態に応じて点眼、内服、注射、点滴などによって行われます。

ただ、ぶどう膜炎は原因疾患が特定できても根本的な治療が困難であるため、治療の目的はあくまでも炎症を抑えて視力障害につながる合併症を防ぐことになります。ぶどう膜炎を引き起こしている原因の疾患を完治させることは難しいのが現状です。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー