目のこと

紫外線による目の影響と対策

紫外線は目の病気である角膜炎や白内障、加齢黄斑変性の原因になり得ます。紫外線は波長が短く、非常に強いエネルギーを持っているため網膜や黄斑部にダメージを与えてしまうため、UV対策を取ることが大切です。目を病気から守るためにも早いうちから紫外線対策をするようにしましょう。

03c275a9f4729ffcaeccbd39083fbb2e_s

紫外線とは

紫外線とは、太陽の光の中で、波長が短く、エネルギーが強い光の事です。太陽から地球に注がれる光には、波長の長い順から赤外線、可視光線、紫外線という三つに分けることが出来ますが、この中で波長が最も短いのが紫外線です。

紫外線と言えば、UVカットの化粧品が多く販売されているように、肌に良くない太陽光として知られていますが、肌だけではなく目にも良くない光なのです。近年、ブルーライトが目に良くないことで話題になっていますが、ブルーライトよりも波長が短く、目へのダメージが大きいのが紫外線です。紫外線は目の病気の原因の一つになるほど目に強いダメージを与えますので、肌対策だけではなく目への対策も必要です。

紫外線の目への影響

角膜炎

野外で長時間紫外線にさらされていると目が充血して赤くなることがありますが、この紫外線による炎症のことを紫外線角膜炎と言います。長時間紫外線を強く浴びることで、目の表面の角膜が傷つき炎症を起こしてしまうのです。

特に注意しなければいけないのがゲレンデです。冬のシーズンにスキーやスノボを楽しむという方は多いですが、ゲレンデは紫外線による影響が強いです。

冬のシーズンのため紫外線は少ないと思う方もいるかもしれませんが、雪は太陽光を反射する強い力を持っています。その反射率は90%と言われており、ゲレンデには直射日光の2倍の太陽光線が放たれていると考えることが出来ます。そのため、ゲレンデでは特に目への影響から雪焼けが起こることが多くなります。

白内障

白内障は水晶体が白く濁ってしまう病気ですが、そこには紫外線も大きくかかわっています。水晶体は加齢による影響が大きいのですが、紫外線を浴びることも水晶体が濁る大きな原因だと考えられています。

紫外線が水晶体の線維を破壊してしまうことで水晶体の濁りの原因となり白内障の発症に繋がると言われているのです。そのため、白内障を予防するためにも、白内障の進行を抑えるためにも紫外線対策が必要になります。白内障の場合、一度濁ってしまった水晶体を元の状態に戻すことは出来ません。水晶体が濁ってしまったことで落ちた視力低下を戻すためには水晶体を取り替える手術が必要になります。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は加齢による要因で、網膜にある黄斑という組織が変性してしまうことで視力の低下を引き起こす病気です。モノが歪んで見える変視症や見たい部分が見えない中心暗点、色をはっきり認識することが出来ない色覚異常などを引き起こし視力低下に繋がります。

紫外線には青色光が多く含まれており、この光線を浴びることで網膜の外側である網膜式路上皮細胞が酸化し網膜の中心部にある黄斑部に活性酸素が発生し、黄斑の変性が促され加齢黄斑変性の発症の原因となると考えられています。

紫外線から目を守るUV対策

帽子をかぶる

紫外線から目を守るために帽子をかぶりましょう。帽子は目に入ってくる紫外線の約20%をカットすることが出来ると言われています。帽子は夏の炎天下の中で暑さから身を守るためだけではなく、目を守る働きもあります。

また、出来るだけつばの広い帽子をかぶることが大切です。つばが狭い帽子であれば目に多くの紫外線が入ってくるためUV対策にはなりません。出来るだけつばが広く、太陽光が目に入ってくる量が少ないタイプのものを選ぶようにしましょう。

UVカット入りサングラス

帽子は約20%紫外線をカットすることが出来ますが、それよりも紫外線のカット効果が高いのがUVカット入りサングラスです。帽子の約4倍以上も効果があると言われており、白内障や加齢黄斑変性の方は病気の進行を少しでも遅らせるためにUVカット入りのサングラスで目を守ってあげることが大切です。

また、通常のサングラスでは駄目です。UV対策が施されていない単なるサングラスでは紫外線によるダメージを軽減させることは出来ませんので、必ずUV対策の素材が使われているものを選びましょう。

ルテインを摂取する

ルテインは目の網膜の黄斑部に多く存在している色素です。強い抗酸化作用があり、紫外線から発生する活性酸素から目を守ってくれる効果があります。そのため、紫外線による影響が発症の一つの原因とされている白内障や黄斑変性症の予防に効果があると考えられています。

ルテインは主に緑黄色野菜に多く含まれており、青汁の原料として有名なケールやほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれている栄養素です。

1年中対策をすることが大切

紫外線のUV対策は夏場にするものだと思っている方が多いですが、UV対策は夏場だけではなく1年中することが大切です。なぜなら紫外線は夏場以外にも多く地球上に注がれているからです。

特に紫外線は4月から9月の間に多く降り注いできます。この期間に1年の内の約70~90%もの紫外線が降り注がれるのです。また、6月には紫外線量は真夏と同じくらいの量に増えるため、夏場から対策をするでは遅く、出来るだけ早くから対策をすることが大切です。

冬場は紫外線の量は少なくなるため紫外線対策がおろそかになりがちですが、実は冬場の2月でも紫外線量は真夏の80%程もあるのです。そのため、暑い真夏だけではなく1年を通してUV対策を取ることが目を紫外線から守ることになります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー