目の症状

老眼の症状・原因・予防方法まとめ

老眼は近くのモノが見えづらくなる目の老化現象の一つです。目のレンズ機能を果たす水晶体の弾力性が失われたり、毛様体筋の衰えによるピント調節機能の低下によって起こります。老眼を防ぐためには、紫外線によるダメージを防ぐこと、抗酸化物質を摂り目を酸化ストレスから守ってあげること、毛様体筋を鍛えることが大切です。

f9c67f59472bbdc692b4484cc6fc04b5_s

老眼とは

老眼とは、加齢とともに段々近くのモノが見えにくくなる目の老化現象の事です。老眼は主に加齢とともに水晶体の弾力性が失われることで、ピント調節機能が低下して近くのモノを見るのがつらくなってきます。

私たちの目の調整力は30代くらいから低下が始まり、多くの場合40代頃になって老眼として近くのモノが見づらいといった症状が出てくるのです。老眼かどうかの判断基準としては、目から30cmのところで新聞の文字を読めるかどうかが一つの基準になります。もし、30cmよりも遠くに離さないと見えにくいという場合には老眼を疑ってみる必要があります。

また、老眼が始まる40代後半は緑内障や白内障といった目の生活習慣病と呼ばれる眼病が多くなってくる年代でもあるので、老眼とともにその他の眼病がないかどうか早期に眼科で見てもらうのが良いでしょう。

老眼の症状

老眼の代表的な症状は、遠くのモノは見えやすいのに、近くのモノは見えにくいというものです。老眼は、水晶体が硬くなったり、水晶体の厚みを調整する毛様体筋の力が衰えることで、水晶体を厚くすることが難しく、近くのモノにピントが合いにくくなります。

近くのモノが見えづらい

近くにピントを合わせることが出来なくなるため、近くのモノがぼやけて見えづらくなってしまい、書籍や新聞を読む際に小さい文字が見えにくく感じたりします。そのため、自然と本や新聞を手元から離して見るようになるのです。以前よりも本や新聞を遠ざけるように見ているという場合には近くのモノが見えにくくなっている可能性が多いにあり老眼が疑われます。

また、ピントを合わせる力が衰えていますので、見えにくいのは近くばかりではありません。水晶体の厚みを調整することが難しいので、いきなり近くから遠くのモノへ目を向けると、水晶体が厚くなっている状態から薄くなる状態に時間がかかるためにピントが合うのに時間がかかり最初はぼやけて見えます。そして、ちょっとしてからようやくピントが合い遠くのモノも見えるようになるのです。また、遠くから近くのモノに目を向ける時も同じで、ピント合わせに時間がかかるため、すぐにモノをはっきりと見ることが出来ません。

目が疲れやすい

老眼の場合、近くのモノを見るときにピントを合わせることが難しいので、目が必死でピント合わせをしようとして目が疲れやすくなってしまいます。老眼鏡で矯正していれば問題はありませんが、老眼になっていることに気づかず矯正しないままでいると、目のピントが合っていない状態なので目に大きな負担がかかります。

老眼は近くのモノが見えづらく、さらにピントを合わせるのに時間がかかることから、近くのモノを見ると眼に負担がかかりますし、遠くから近くのモノを見たり近くのモノから遠くのモノに目をそらしたりするだけでも目が疲れてしまいます。そのため、疲れ目や眼精疲労にもなりやすくなってしまうのです。

目以外の症状もある

老眼の場合、老眼による直接的な症状ではありませんが、間接的な症状として目以外の症状も現れることがあります。それは、肩こりや頭痛などです。慢性的な疲れ目による眼精疲労の症状と同じような症状が出てくるのです。

そのような症状が出てくるのは、ピント調節機能が上手くいかないことから必死でモノを見ようと目を凝らす結果、ストレスが溜まったり、体に負担がかかる無理な体勢になってしまったりといった結果として現れるようになります。

老眼の原因

水晶体の弾力性の低下

老眼になる原因として加齢による水晶体の弾力性の低下があります。水晶体とは、角膜と同様に目のレンズ機能を果たしているものです。目から入ってきた光は一度角膜で屈折し、さらに水晶体で大きく屈折します。この光を屈折する働きによって目の奥にある網膜というカメラのフィルムのような役割を果たすところに像を映し出すことが出来るのです。

水晶体は網膜に正しく像を映し出すために、近くのモノを見る際に毛様体筋によって厚くなります。薄く伸びた状態から厚くなることによって光の屈折力が強くなり、近くのモノをはっきり見えるようになるのです。しかし、年齢とともに水晶体は弾力性を失っていきます。そして弾力性が失った水晶体は硬くなってしまい近くのモノを見る際にも上手く厚くなることが出来なくなります。

近くを見るときに水晶体が厚くならないと光の屈折力は弱くなり、網膜に焦点が合わなくなってしまいます。光の屈折が弱いので、本来像を映し出す場所である網膜よりも後ろに焦点が合う形になり、近くのモノがぼやけるといった老眼の症状が出てくるのです。

毛様体筋の低下

老眼は近くのモノを見る時に水晶体が厚くならないことで光の屈折力が足らず、網膜に正しい像を映し出すことが出来ないのが原因です。そして、水晶体が厚くならないのは主に水晶体の弾力性の低下が挙げられますが、毛様体筋の低下も影響します。

毛様体筋とは、水晶体の厚さを調整している筋肉の事です。毛様体筋の働きによって水晶体は厚さを調整することが出来ます。近くのモノを見る際には毛様体筋が働き、水晶体を厚くさせます。逆に遠くのモノを見る際には毛様体筋により水晶体が薄くなります。そのように、毛様体筋が水晶体の厚みを変えることで光の屈折力を変更し、近くや遠くのモノどちらでも網膜にしっかり焦点が合うようにしているのです。

しかし、毛様体筋が低下してしまうことで、水晶体の厚みを調整することが出来なくなってしまうので、毛様体筋が衰えてしまうこともピント調節機能の低下を招き老眼の症状を引き起こすことになります。

老眼の予防方法

紫外線対策を取る

老眼は水晶体の弾力性の低下が一つの原因なので、水晶体が老化してしまう要因である紫外線対策を取ることが大切です。目に紫外線が入ってくると活性酸素による酸化ストレスによって水晶体がダメージを受けてしまいます。水晶体は酸化ストレスにさらされることで構成成分であるタンパク質に変質が落ちて白く濁ったり硬化したりしてしまいます。

それを防ぐためにも紫外線をカットする対策を日ごろから取っておきましょう。目の紫外線対策としてはサングラスが思い浮かびますが、サングラスではなくてもUV対策済みのメガネやコンタクトレンズが多く販売されていますので、それらを活用してみると良いでしょう。日頃からサングラスを使うことに抵抗がある人は見た目上は普通のメガネやコンタクトレンズと同じUV対策済みのものが良いと思います。

また、帽子やUV対策用の日傘も有効です。帽子をかけるだけでも目に入ってくる紫外線を約20%カットすることが出来ます。

抗酸化物質を摂る

活性酸素による酸化ストレスから身を守ってくれるのが抗酸化物質です。体内にも活性酸素による酸化ストレスから各細胞を守る抗酸化物質は存在していますが、その数は年齢とともに減少していきます。そのため、抗酸化物質を摂取していくことも老眼を予防することに繋がります。

抗酸化物質としてはブルーベリーやビルベリーなどに含まれるアントシアニン、緑黄色野菜に多く含まれるルテインやゼアキサンチン、抗酸化ビタミンとして調べるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどが特に目に良い栄養素として広く知られています。これらの抗酸化物質を摂って目を老化を少しでも遅らせてあげることが大切です。

特に、アントシアニンやルテイン、ゼアキサンチンは加齢とともに増えてくる目の病気の白内障や緑内障、加齢黄斑変性症といったものを予防する効果があります。老眼になりやすい年齢は丁度それらの眼病が増えてくる年代と重なってきますので、老眼対策とともにそれらの眼病対策としても抗酸化物質を摂るように心がけましょう。

毛様体筋トレーニング

老眼になる一つの原因として毛様体筋の衰えがあります。毛様体筋が衰えるとピント調節が難しくなり、近くから遠くのモノへ目線をそらしたり、遠くから近くのモノへ視線をずらすと、ピントが合うまで時間がかかりぼやけて見えてしまいます。それを防ぐためにも毛様体筋を鍛えて老化を防ぎ、ピント調節機能を維持させることが大切です。

毛様体筋は遠くから近くのモノへ、近くから遠くのモノへ目を向けることによって鍛えることが出来ます。目線が近くから遠くのモノへ動くと、毛様体筋は水晶体を薄くさせ、目線が遠くから近くのモノへ動くと毛様体筋は水晶体を厚くさせます。そのため、この動作を繰り返すことで毛様体筋を鍛え、ピント調節力が高まるのです。

毛様体筋トレーニングは至って簡単です。まずは、人差し指を上に立てた片手を前方に真っすぐ伸ばしてください。そして、その人差し指の先を見つめましょう。つまり、近くのモノを見るのです。この状態を10秒程キープします。そして次は人差し指の先から視線を出来るだけ遠くの方に移してください。遠くの方を眺めたまま10秒程キープします。そして再度人差し指に視線を戻すといったことを5~10回程繰り返しましょう。

この方法によって近くから遠くのモノへ、遠くから近くのモノへ目を動かすことになり、毛様体筋を動かすことになるので、毛様体筋によるピント調節力を鍛えることが出来ます。ピント調節力は年齢とともに衰えてきますので、鍛えてあげることも大切です。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー