目の症状

近視と遠視の違い

近視の遠視の違いとして、「近視は近くが見やすい眼、遠視は遠くが見えやすい眼」と勘違いしてしまっている人が多いです。しかし、「近視は遠くが見えない眼で、遠視は遠くも近くも見えづらい眼」が本当のところです。近視は屈折力が強すぎることで網膜の前に焦点が出来、遠視は屈折力が弱すぎることで網膜の後ろに焦点が出てきてしまうため、近視には屈折力を弱める凹レンズ、遠視には屈折力を高める凸レンズが使われます。

5f351ed1180c444ddad5f03902879a67_s

近視と遠視の違い

近視と遠視は、言葉から「近視は遠くのモノが見えにくく、近くのモノは見えやすい。遠視は近くのモノが見やすいが、遠くのモノは見えやすい。」と勘違いしてしまうことが多いです。しかし、実際のところは”近視は近くのモノは見えるが、遠くのモノは見えにくい。遠視は近くのモノが見えにくいし、遠くもやや見えにくい”のが本当のところです。

近視と遠視の違いは、目から入ってきた光の焦点が網膜の前に出てきてしまうのか、網膜よりも後ろに出来てしまうのかが違っています。通常の正視であれば、目から入ってきた光は角膜や水晶体の屈折力によって丁度網膜に焦点がぴったりと出来るようになっています。

引用元:http://www.senju.co.jp/consumer/note/disease_kinshi.html

引用元:http://www.senju.co.jp/consumer/note/disease_kinshi.html

しかし、眼球の奥行の長さである眼軸が長かったり短かったりすると角膜や水晶体の屈折力が弱かったり強かったりして目から入ってきた光の焦点が網膜より前にずれたり後ろにずれたりしてしまうのです。その網膜よりも前に焦点がずれるのが近視で、網膜よりも後ろにずれてしまっているのが遠視です。

人はこの焦点を網膜に合わせるためには水晶体の厚みを調整する必要があります。水晶体は光の屈折力を強めるために重要な役割を果たしており、水晶体が厚くなることで屈折力が高まり、焦点が前へ移動し、水晶体が薄くなることで屈折力が弱まり、焦点が後ろへ移動するのです。

近視の場合は、焦点が網膜の前にズレてしまっているので、モノを見るときはモノに近づくことで自然と焦点が網膜に合うようになり近くのモノは見えるようになります。しかし、遠くを見る際には、水晶体をこれ以上薄くさせることが出来ないため、つまり屈折力をこれ以上弱めることが出来ないため、遠くのモノを見ることが出来なくなるのです。

遠視の場合は、焦点が網膜の後ろにずれてしまっているので、モノを見るときモノから遠ざかることでなんとか焦点を網膜に合わせることが出来ます。しかし、それでも焦点が後ろよりなため、屈折力を高める必要があります。そのため、遠視は遠くを見る際にピントを調節させます。また、近くを見る際には、焦点がさらに網膜の後ろにずれてしまい、屈折力を高めても焦点が網膜に合わなくなります。遠くのモノであれば屈折力を高めることで対応できますが、さらに焦点が後ろにずれてしまうような近くのモノを見る場合には自分の持っているピント調節だけでは十分な屈折力を生み出すことが出来ず近くのモノが見えなくなるのです。

そのため、近視の場合には屈折力を弱め、光の焦点を後ろに移動させ網膜に合うようにするために凹レンズが使われます。一方、遠視の場合には屈折力を高め、光の焦点を前に移動させ網膜に合うようにするために凸レンズが使われます。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー