目の症状

近視と乱視の違い

近視と乱視の違いとしては、近視は近くは見えるが遠くがぼやけて見えないのに対し、乱視は遠く近くに関わらずモノがぼやけて見える、モノがダブっているように見えます。近視は光の屈折力が強すぎるために屈折力を弱める凹レンズを使い、乱視はタコ方向とヨコ方向の屈折力に差があるため、それを補正する円柱レンズを使って矯正を行います。

7d046d7f734a1b463e5d4ccc0c29ced3_s

近視と乱視の見え方の違い

近視は近くのモノは見えるけれど、遠くのモノがぼやけてはっきり見えません。一方、乱視の場合にもモノが見えにくくなります。近視同様に遠くのモノがぼやけてはっきり見えないという悩みも出てきます。

そのため近視なのか乱視なのか自分では判断が付きにくいことがありますが、近視の特徴としては近くのモノは見えるという特徴があります。そして、乱視の場合は近く遠くに限らずモノがはっきりと見えにくいという特徴があります。乱視は特にモノが二重や三重に見えたりします。縦或いは横、または斜め方向に物がダブって見えてしまったり、光がにじんで見えたりといった見え方をするのが乱視です。そのため、近くのモノがはっきり見えるのか、モノが二重や三重にダブって見えるかで近視か乱視かを区別することが出来ます。

近視と乱視の仕組みの違い

近視の場合、近くのモノは見えるのに遠くのモノがぼやけて見えない症状が出てきますが、これは光の焦点が網膜の前にずれてしまっていることが原因です。目から入ってきた光は角膜や水晶体の屈折力によって網膜に焦点が合うことでモノがはっきりと見えるようになります。しかし、網膜の前に焦点がずれてしまう近視の場合は、近くのモノを見る場合にはモノに近づくことで焦点を網膜に合わせることが出来ますが、遠くのモノを見る場合には焦点をどうしても網膜に合わせることが出来ないので、遠くのモノがぼやけて見えてしまうのです。

一方、乱視の場合は角膜や水晶体が綺麗な球面ではなく微妙に歪んでいるがために、横と縦の光の屈折に違いが出来てしまい、焦点が一つではなく二つ出来てしまうのです。そのため、ものがはっきりと見えず、モノがダブっているように見える症状が出てきます。

つまり、近視は焦点が網膜よりも前にズレてしまっていること、乱視は焦点が二つ出来てしまっていることがそれぞれモノがはっきりと見えない原因になっており、見え方に違いが出てくるのです。

近視と乱視の矯正の違い

近視の場合はピント調節を行っていないリラックスした状態で、焦点が網膜よりも前にズレてしまっているため、その焦点を後ろにずらし正常な状態に矯正するために、凹レンズが使われます。凹レンズは屈折力を弱める働きがあり、凹レンズを使うことで屈折力が弱まり、焦点を後ろへとずらすことが出来、遠くのモノがはっきりと見えるようになります。

乱視の場合は縦方向と横方向の光の焦点のズレが原因になってモノがダブって見えるため、そのズレを補正するために一方向のに屈折力を持つ円柱レンズを使います。円柱レンズを使うことによって焦点を合わせることが出来、モノがはっきり見えるようになります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー