目に良い成分と食べ物

ルテインの目に良い効果

植物や魚介類に含まれる色素であるルテインは目を守ってくれる効果があります。水晶体が濁ること白内障の予防、網膜の中心にある黄斑が変性する黄斑変性症の予防、ぶどう膜が炎症するぶどう膜炎症の予防といったように目を守ってくれる働きがあるため、目の健康を守る成分として注目を集めています。

57d18a3ee80a60d1b8f9dcc284fe74ec_s

ルテインとは

ルテインとはマリーゴールドやケール、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれるカロテノイドの一種の事で、植物や魚介類に含まれる色素の事です。

ルテインは目の網膜の中心部にある黄斑部に多く存在しています。黄斑部とは、目から入ってきた光の刺激を受け取り、視神経に電気信号を伝える重要な役割を担っており、視力を司る部分です。この黄斑部にルテインが多く存在し、有害な紫外線を吸収して目を保護する働きをしてくれているのです。また、目の網膜だけではなく、レンズ機能を果たしている水晶体にも存在しており、水晶体での紫外線や青白色の光線を吸収し眼球内の組織を保護する役割を果たしているのです。

ルテインの効果

白内障の予防

白内障は水晶体が濁ってしまい視力が低下する病気ですが、ルテインには白内障を予防する効果とともに改善する効果があると言われています。ルテインは水晶体に存在しており、強い紫外線を吸収してくれるため、白内障予防に効くのです。

白内障は加齢や紫外線による影響で活性酸素による酸化ストレスにさらされ水晶体内のタンパク質が変質してしまうことが原因ですので、その根本的な原因である紫外線や青白光を吸収して保護してくれるルテインが白内障には効果があり、白内障予防にはルテインの積極的な摂取が勧められています。

黄斑変性症の予防

黄斑が変性してしまうことにより視力が低下してしまう病気が黄斑変性症です。ルテインは強い抗酸化作用があり、網膜の黄斑部に存在しており、エネルギーの強い光から目を守る役割を果たしています。

そのため、ルテインは活性酸素により起こる酸化ダメージから黄班部を守ってくれるため黄斑の変性によって起こる黄斑変性症を予防してくれる効果があるのです。また、アメリカではルテインとゼアキサンキンを摂取することによって黄斑変性症のリスクが低下するという臨床試験のデータが報告されているように、ルテインと黄斑変性症の関係性に関する数多くの研究が行われているのです。

ブドウ膜炎の予防

虹彩、毛様体、脈絡膜とそれに隣接する組織であるブドウ膜に起きる炎症の総称であるブドウ膜炎の予防にもルテインが効果を発揮します。ルテインは強い抗酸化作用があるため、炎症を引き起こす因子の働きを抑え、ブドウ膜炎の炎症を抑制する効果があります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー