目に良い成分と食べ物

ルテインが多く含まれる食品

視覚機能を正常に保つために欠かせない水晶体や網膜という組織にはルテインが多く存在しています。そのため、ルテインを摂取することで目の病気を予防したり、目の健康を促進することが出来ます。そんなルテインは主に緑黄色野菜に多く含まれています。

ecc19391ba91431d09e361a1a3828857_s

ルテインが多い食べ物

ケール

キャベツの一種であるケールは栄養価が高くルテインも多く含まれています。ケールは栄養価が高い野菜ですので、青汁の原料として多く使われています。ケールは数ある野菜の中でも豊富にルテインが含まれているのが特徴です。

ただ、ケールはスーパーではほとんど目にすることが出来ない野菜ですので、日常的にケールを食することは難しいのが難点です。

ほうれん草

スーパーで手軽に買えるルテインが豊富な食べ物として最もオススメなのがほうれん草です。ほうれん草はケールに次いでルテインの含有量が多く、ルテイン以外の栄養価も豊富です。ルテイン以外ではβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、カリウムなどの栄養素が詰まっており、栄養価の高さから総合栄養野菜と言われるほどです。

ほうれん草に多く含まれるβカロテン、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化ビタミンとして有名で、体の細胞の老化を活性酸素による酸化ストレスから守ってくれます。そのため、目の老化を防ぐのにも効果があります。

ブロッコリー

ルテインを多く含むブロッコリーにはビタミンCも豊富に含まれています。ビタミンCと言えばレモンが思い浮かぶことが多いですが、生のブロッコリーにはレモンの約2倍ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCは目の健康にも優れており、水晶体の透明度を維持する働きがあるため、水晶体の濁りから起こる白内障という目の病気を予防する効果があると考えられています。

カボチャ

ルテインは黄色の色素のため、黄色い野菜に多く含まれているので、中身が黄色であるカボチャにも当然ながらルテインが多く含まれています。もちろん黄色の方がルテインが多いという訳ではありませんが、黄色であることはルテインを含んでいる野菜であるという一つの指標にはなります。

カボチャはルテイン以外にビタミンB群が豊富に含まれている特徴があります。ビタミンB群は目の疲れを取ったり、視神経の働きをスームズにするなど、目の健康を守るビタミンです。

グリーンピース

グリーンピースは好き嫌いが大きく分かれる野菜の代表格ですが、グリーンピースにもルテインが含まれています。そして食物繊維が豊富である点が大きな特徴です。

食物繊維は急激な血糖値の上昇を防いだり、便秘を解消したり、腸内の善玉菌を増やしたりといった効果がありますが、生活習慣病を予防する効果もあります。生活習慣病は目の病気を引き起こす原因にもなりますので、生活習慣病を予防することも大切です。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー