目のかゆみの原因と対策

目のかゆみの原因はアレルギー性結膜炎、ものもらい、ドライアイ、コンタクトレンズなどにあります。また、対策として絶対にやってはいけないことは目を擦ることです。目を擦ると細菌感染や炎症の原因になりますので、絶対にしないようにしましょう。その代わり、目を洗ったり、目を冷やしたりすることはかゆみを和らげるのに効果的です。

f022ca2f37361b051f3d1fff7fa3599a_s

目のかゆみの原因

アレルギー性結膜炎

目のかゆみを引き起こす原因として代表的なのがアレルギー性結膜炎です。アレルギー性結膜炎とは、アレルギー物質によってまぶたの裏側や白目を覆っている結膜に炎症が起こる事です。

アレルギー物質としてはスギやイネ、ヒノキなどの花粉が有名で、季節性アレルギー性結膜炎があります。これは一般的に言うところの花粉症です。花粉症の場合、目の痒み以外には鼻水や鼻詰まり、くしゃみといった症状が見られます。

また、アレルギー性結膜炎の原因物質は花粉だけではありません。ダニ、カビ、ホコリ、動物の毛といったハウスダストも原因物質になります。そのようなハウスダストが原因となるものを通年性アレルギー性結膜炎と言います。この場合の症状としては、目のかゆみが特徴的で、その他には目やにや涙が出ることもあります。ただ、目の痒み以外の症状が出ないことも多いです。

麦粒腫(ものもらい)

ものもらいの一つである麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は初期の症状として目の痒みが出てきます。ものもらいは地域によって呼び方に違いがあり、めばちこ、めばち、めっぱ、めいぼとも呼ばれています。

ものもらいはまぶたの裏側にある汗や脂を分泌する腺に細菌に感染することが原因で起こる炎症の事です。ものものらいの症状としては初期の痒み以外に、まぶたの赤み、腫れ、目やにが出てくるといったものがあります。

ドライアイ

ドライアイは涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下してしまうことで目の表面の潤いがなくなり乾燥してしまいます。そのため、目の痒みといった症状を引き起こすことがあります。ドライアイはパソコン作業や運転を長時間続けることで無意識のうちにまばたきの回数が減り、涙の分泌が抑えられることが原因になります。また、エアコンの風を直接目に受けることも涙が蒸発してしまう原因になります。

ドライアイになると目の痒み以外に目の乾燥、異物感、痛み、光がまぶしい、涙が出る、目が充血するなどの症状が表れます。

コンタクトレンズ

目の痒みの原因がコンタクトレンズにあることもあります。コンタクトレンズを付けている時は、分泌された涙が上手く目の表面を覆うことが出来なくなるので、長時間コンタクトレンズを装用し続けていると目が乾燥して痒みを引き起こすことがあります。

また、コンタクトレンズの洗浄が十分ではないとコンタクトレンズの汚れが細菌感染の原因となって結膜の炎症を起こし痒みを引き起こすことになります。

目のかゆみの対策

目は絶対にこすらないこと

目がかゆい時に絶対にやってはいけないことがあります。それは、目を擦ることです。目が痒いときはどうしても手で目を擦りたくなりますが、絶対に擦ってはいけません。目を擦ると炎症を引き起こしたり、感染症を引き起こす可能性があります。

人の手はあらゆるものを触っているため、非常に汚い状態です。その手で目を擦ってしまうと症状が悪化してしまう原因になります。また、目の組織が傷ついてしまう原因にもなりますので、痒さを紛らわすために擦ってはいけません。目を擦っても目のかゆみを根本的に治すことにはなりません。

目を冷やしてかゆみを軽減

目が痒くてどうしようもないなら目を冷やしてみてください。目が痒いときは炎症が起こっている時なので、目を冷やしてあげることで一時的にではありますが、かゆみを軽減させることが出来ます。

タオルを冷やし水で濡らし、まぶたの上に乗せて目を冷やしてみると良いでしょう。炎症が起こっている場合には冷やすことが効果的なので、冷やすことで目のかゆみという症状も和らげることが出来ます。

人工涙液で目を洗う

花粉症などの場合、目を洗い目に付着している花粉などを洗い流すことによってかゆみを和らげることが出来ます。ただ、水道水を使って目を洗うのは厳禁です。水道水には塩素が含まれています。この塩素は感染症の原因となるウィルスや細菌、病原性物を消毒してくれる役割がありますが、目の表面を傷つけることもあるのです。そのため、デリケートな目を水道水を使って洗うようなことは避けてください。

その変わりに人工涙液などの目薬を使ってみましょう。目に影響が少なく、目を守りながら余計なものを洗い落とすことが出来ます。

部屋を綺麗に保つ

ハウスダストは目のかゆみの原因になりますので、部屋は定期的に掃除をして綺麗な状態に保つことが大切です。特に寝具はまめに外に干すようにしましょう。ダニは外に干し太陽光を浴びせることで退治することが出来ます。また、カーペットもたまには丸洗いをして綺麗な状態に保つことが大切です。

そして部屋の中に花粉を持ち帰らないようにしてください。そのためにも家に帰る際には玄関先で服を叩いて花粉を落としてから家に入るようにしましょう。手や顔を洗うことも大切です。

目を乾燥させないこと

目が乾燥してしまうと目の痒みの原因になりますので、目を乾燥させないことが大切です。そのためにも意識的にまばたきをするようにしてください。まばたきは分泌された涙を目の表面全体に広げる役割があります。そのため、まばたきをすることで目の表面の潤いをキープできるのです。

パソコン作業のように、まばたきをする回数が減っていくと目が乾燥してしまいますので、意識的にまばたきをするようにしてください。また、エアコンの風が直接目に当たらないようにすることも大切です。目に直接風が当たると涙が蒸発してしまいますので、作業場所にも気を付けてください。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー