目の症状

遠視の症状・原因・検査・治療方法まとめ

遠視は遠くのもの、近くのものに限らず焦点が合わない状態を指します。特に近くのモノは焦点が合わせられないので、モノがぼやけて見えたりします。さらに遠くの場合でも焦点は合っていないので、ピント調節力を働かせる必要があるため、遠視の場合には目の疲れが溜まりやすく疲れ目や眼精疲労の原因になりやすいです。

0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s

遠視とは

遠視とは、本来目から入ってきた光が角膜や水晶体の屈折力によって屈折され網膜に焦点が結ばれるはずが、何らかの原因によって光の焦点が網膜よりも後ろにピントが行ってしまう目の状態を言います。そのため、近くのものが見えにくいような症状が表れます。

遠視は近視・乱視と同じ屈折異常の一つで、良く近視と遠視の関係性は「近視は遠くは見えにくいけど近くは見えやすい、遠視は近くが見えにくいけど遠くは見えやすい」というように誤解されることが多いですが、遠視は近くのモノ、遠くのモノに限らずモノが見えにくいです。

遠視は水晶体の屈折力を調整していない状態で遠くを眺めるだけでもピントが合っていません。調整力を使わない状態で、網膜の後ろにピントがズレてしまっているため、遠くのモノを見る際にもピント調整力を働かせる必要があります。さらに、近くのモノになるとより強いピント調整力が必要になります。

遠視は遠くよりも近くのモノの方が見るのにピント調整力が必要なため、近くの方が見えにくいという特徴がありますが、決して遠くが見えやすいという意味ではありません。近くだけではなく遠くも調整力をわざわざ働かせる必要があり、近く・遠くに限らずモノを見るときに焦点が合わないため、遠くも近くもモノが見えにくいのです。

遠視の症状

遠視の症状としては、遠くのモノも近くのモノもぼやけて見えます。軽度の遠視の場合には遠くのモノは良く見えることがあり、近くのモノだけがぼやけてみるようなこともありますが、遠視は基本的に遠くのモノを見る場合でも網膜の後ろに焦点がずれてしまっている状態なので、近くのモノに限らず遠くのモノもぼやけて見えづらいのです。

しかし、若いうちは遠視であることに気づかないことが多いです。なぜなら若いうちはピント調節力が高いからです。いくら網膜の後ろに焦点がずれていてもピント調節力で水晶体を厚くさせ光の屈折力を強くすれば焦点が網膜に合うため遠くや近くのモノでもぼやけずに見えるようになります。そのため、まだピント調節力が強い若いうちは自分が遠視であることに気づかないまま年齢を重ねていって、ピント調節力が低下してから遠視であることに気づくことも多いのです。

また、遠視の場合の特徴的な症状は眼精疲労です。遠視の場合は、正常な正視の場合に比べて目が疲れやすいです。なぜなら、正視の人は遠くを見ることで目を休ませることが出来ます。遠くを見るときはピント調節力を働かせる必要がないためピント調節を担っている毛様体筋をリラックスさせることが出来ます。

一方、遠視の場合には近くのモノだけではなく、遠くのモノを見る際にも光を屈折させ網膜にピントを合わせてあげる調節力を働かせる必要があるので、普通の人よりも目が疲れやすいのです。近くだけではなく遠くを見る際にも目に負担になるので、疲れ目や眼精疲労になりやすく、眼の痛みや目のかすみ、眼がしょぼしょぼする、肩こりや頭痛といった症状が表れやすくなります。

遠視の原因

遠視の原因は主に遺伝的要因です。遠視は網膜の後ろに焦点がずれてしまうことが原因で、それを引き起こすのは眼軸(眼球の奥行の広さ)の短さと屈折力の弱さです。眼軸の短さと屈折力の弱さは遺伝や体質によるものなので、遠視は先天的なものと考えることが出来ます。

ただ、年を重ねてから遠視に悩むようになる人がいるので、加齢が遠視の原因だと思っている人もいますが、そのような場合は単純に年を取ってから遠視であることに気づいただけです。遠視は若いうちは強いピント調節機能により隠れてしまって気づきにくいため、ピント調節力が衰えてくる頃に遠視に気づくことが多いのです。

また、遠視は子供に多いのですが、それは成長段階にあり、眼軸の長さが短いことが原因です。眼軸が短いと、角膜や水晶体から網膜までの距離が短いので、必然的に光の焦点が網膜の後ろにずれてしまうのです。子供の遠視は成長して眼軸が長くなっていくことで解消されていくことが多いです。

遠視の検査

遠視の検査は、ピントの調節機能を使わない状態にしてから屈折検査を行います。ピント調節をしない状態で、焦点を合わせる機能の異常を測定する屈折検査を行うことで、屈折異常である遠視を特定することが出来るのです。屈折検査は自覚的屈折検査である一般的な視力検査が行われることもあれば、より精密に屈折力を測定することが出来る他覚的屈折検査が行われる場合もあります。

また、ピント調節機能を使わないようにするために、屈折検査前に調整麻痺剤を点眼したり、プラスのレンズを一定時間装着してもらうことで一時的に近視状態にし調節力の介入を防ぐが行われます。

子供の場合には雲霧法では完全に調整力を取ることは出来ないため調整麻痺剤の点眼が行われます。また、より正確に屈折力を図るためには雲霧法よりも調整麻痺剤の点眼が行われます。

遠視の治療

遠視の治療方法は主にメガネやコンサクトレンズによって遠視の矯正を行うのが一般的です。凸レンズのメガネやコンタクトレンズが使用されます。遠視は軽度から重度のものまであり、軽度の場合には日常生活には支障が出ないものもあります。そのような場合には遠視の矯正を行わない場合もあります。

ただ、軽度の遠視であっても目に負担がかかってくるため疲れ目や眼精疲労を引き起こす原因となりえます。遠視の矯正メガネやコンタクトレンズは、遠視による目の負担を軽減してくれるため、遠視が原因による疲れ目や眼精疲労による目の深いな症状や頭痛や肩こりなどを解消させることにも繋がります。そのため、軽度であっても矯正する方が良いこともあります。

子供の場合、遠視であっても成長するにつれて眼軸が伸びて遠視が解消されることもありますが、重度の遠視の場合には目が内側によってくる内斜視や視力発達が妨げられる弱視といった疾患を引き起こすこともあります。そのため、強い遠視の場合には子供でも遠視矯正治療を受ける必要があります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー