目の症状

遠視と老眼の違い

近くのモノが見えづらいことや同じ凸レンズを使うことから遠視と老眼の違いが理解しづらい方も多いと思います。しかし、遠視と老眼は見え方は似ていても微妙な違いはあります。また、その症状を引き起こすメカニズムは全く違いますので、遠視と老眼の違いを正しく理解しておきましょう。

977c208c5ef7919c0f758d4f39a4a56d_s

遠視と老眼の見え方の違い

遠視と老眼は見え方が似ています。遠視、老眼はともに近くのモノを見づらく近くのモノを見るとモノがぼやけてしまいます。一方、遠くを見るときは老眼は近視を合わせていなければ遠くのモノが割と見えます。

遠視は近くのモノが見えづらく、さらに遠くのモノも見えづらい特徴があります。ただ、遠視の場合も若いうちは遠くが見えづらいということを自覚することはありません。そのため、若い内は老眼の症状と同様に近くは見えにくいけれど遠くは良く見えるという見え方をします。

一方、遠視は年齢を重ねると遠くのモノも見えづらくなってきて、近く遠くに限らずモノがぼやけてしまい見づらくなってしまうのです。老眼は遠視よりは遠くのモノがぼやけるといったことは少なく近くのモノが見えづらいという違いがあります。

遠視と老眼の仕組みの違い

遠視と老眼は見え方が非常に似ていますが、その仕組みは全く違います。遠視は、近視や乱視と同じ屈折異常の一つであるのに対し老眼はピント調節障害です。そのため、見え方は似ていてもそのメカニズムは全く異なるのです。

遠視を起こすメカニズムは屈折異常で、目から入ってくる光の焦点が網膜よりも後ろにずれてしまっていることが原因です。角膜、水晶体による屈折力が弱く、網膜に焦点を合わせることが出来ず、焦点が後ろにずれてしまうために見え方に問題が出てきます。遠くを見る際に焦点を少し前にずらす必要があるため、ピント調節が必要です。さらに、近くのモノを見る際にはより焦点を前にずらす必要があるため、強いピント調節が必要になるのです。そのため、近くのモノがぼやけて見えてしまい、遠くのモノを見るもの一苦労するのです。

一方の老眼はピント調節障害で、加齢によってピントを合わせる力が衰えてしまうことが症状の原因になります。年を取るとピントを合わせるために重要な水晶体というレンズが硬化してしまい、厚みの調整が難しくなります。水晶体は厚みを変えることで光の屈折力を高め近くのモノを見る際に焦点が網膜に合うように調節をしてくれます。

しかし、水晶体が硬化して厚みを変えることが難しくなると近くのモノを見る際にピントが合わせずらくなり近くのモノが見づらくなるのです。これがまさに老眼を引き起こすメカニズムです。

遠視と老眼のメカニズムの違いは、屈折異常なのかピント調節障害なのかにあります。遠視はもともと目から入る光の屈折力が弱い状態で、老眼は加齢によって屈折力を調整する力が衰えてしまっている状態です。どちらともに網膜の後ろに焦点がずれてしまっているのですが、遠視は屈折力がもともと弱いことが原因で、老眼はピントを調整する力が落ちていることが原因にあります。

そのため、遠視の場合には遠く、近くに限らずモノが見えづらい状態になり、老眼の場合には近くが見えづらい状態になるのです。また、遠視はピント調節機能は正常なため、若い内は遠視であってもピント調節機能で屈折力が弱いのをカバー出来、遠視に気づかないという事も多いです。そのため、年を重ねてピント調節機能が落ちてきて屈折力の弱さが露呈される頃になってからようやく気付くというケースも多いのです。

遠視と老眼の矯正の違い

遠視と老眼はともに凸レンズを使って屈折力を高める調整をすることで矯正を行います。ただ、遠視と老眼は根本的にメカニズムが違います。遠視はもともと屈折力が弱いために網膜の後ろに焦点が出来てしまうこと、老眼はピント調節機能が衰えているために焦点が後ろにずれてしまいます。

遠視は屈折力がそもそも弱いために近くだけではなく遠くのモノを見るのも一苦労があります。一方老眼はピント調節を使う近くのモノを見るときにモノがぼやけて見えにくくなるため遠くを見る際にはさほど影響がありません。

そのため、遠視は常時使用する遠視用メガネが使用され、老眼の場合には近くのモノを見るときに一時的な補助として使う老眼鏡が使用されます。遠視は近く、遠くに関わらずピント調節が必要になってくるためにそれを補助する目的で常時使用するメガネが使用されるのです。一方、老眼では近くのモノを見るときのピント調節力が衰えているために、その時に補助を行ってくれる老眼鏡を使うのです。つまり、遠視用メガネは常時使用するもので、老眼鏡は基本的には本や新聞やパソコンなど近くのモノを見るときのみ使用するものです。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー