目の病気

飛蚊症の症状・原因・検査・治療方法まとめ

虫のようなものが飛んでいるように見える飛蚊症は生理的な現象のものと病気が原因となっているものがあります。加齢による生理的な現象の場合には特に治療する必要はありません。時間の経過とともに症状は軽減されていきます。しかし、網膜剥離のような目の病気が原因である場合には少しでも早く治療を始めることが大切です。

bc91967e4d60041c04ccfe8898b0ebcc_s

飛蚊症とは

飛蚊症とは視界の中に黒い虫のようなものが動いて見える状態の事を言います。飛蚊症という言葉は、虫が飛んで見えるという事から飛蚊という漢字が当てられていますが、症状の出方は人によって違います。虫ではなく糸くずようなものが見える人もいれば、リング状のものが見えるという人もいます。

飛蚊症の場合、生理的な飛蚊症と病的な飛蚊症に分けることが出来ます。多くの飛蚊症は特に治療する必要が無く、徐々に自覚症状が無くなっていく生理的な飛蚊症です。そのため、飛蚊症の症状が出たからと言ってすぐに焦る必要はありません。

ただ、飛蚊症の原因には目の病気が隠れている可能性もあります。大体の場合は生理的に誰にでも起こり得る飛蚊症ですが、病気が原因である飛蚊症もありますので、注意は必要です。

飛蚊症の症状

飛蚊症の症状は、まさに虫が飛んでいるように感じるというものです。黒い虫が目の前を飛んでいるように見えるのです。ただ、それは虫以外の場合もあります。

飛蚊症の見え方はそれぞれ違い、薄い雲のようなものが見える人もいれば、水玉やゴマ、糸くず、タバコの煙、リングといったように実に様々な見え方があるのです。ただ、どれにも共通しているのが、視界にあるべきない黒っぽいものが見えるという点です。

これらは黒っぽい色として見えるので、暗い場所では自覚しにくい特徴もあります。その一方、真っ白な壁を見ている時にはっきりと自覚しやすいのです。そのため、普段はあまり自覚することがなかったのに、白い壁や空を見た時にそのような症状があることに気づくということも多いのです。

飛蚊症の原因

生まれつきによるもの

飛蚊症が生まれつきである可能性もあります。本来硝子体には血管はありません。しかし、ある理由によって硝子体に血管があると、それが濁りとなって飛蚊症の症状を自覚することがあるのです。

本来硝子体内にあるはずが無い血管がある理由は、胎児の時に存在していた硝子体内の血管が残ったままになっているからです。胎児の眼球を作る過程においては硝子体に血管が通っています。この血管があるおかげで眼球を作ることが出来るのですが、眼球完成後にも血管が無くならずに残ってしまうことがあります。それが、まさに生まれつきによる飛蚊症の原因となるのです。

このような飛蚊症は特に治療の必要はなく、脳が飛蚊症の症状に慣れていくことで自覚症状はなくなっていきます。

加齢による後部硝子体剥離

飛蚊症の大部分の原因は加齢によって起こる後部硝子体剥離が原因です。後部硝子体剥離とは、加齢によってゼリー状の硝子体が液体に変化してしまい、水晶体がしぼんでいくことで網膜から剥がれて硝子体と網膜の間に隙間が出来てしまう現象の事です。

後部硝子体剥離が起こると、硝子体の一部にシワのようなものが出来、そのシワのようなものが濁りとなって網膜に影が映り飛蚊症を自覚するようになるのです。

この後部硝子体剥離は加齢によって起こるもので、誰にでも起こる生理的な現象です。そのため、特に治療する必要はありません。そのままでも、脳が慣れていくことで飛蚊症の症状が改善されていきます。

網膜裂孔・網膜剥離

飛蚊症の原因としては、生まれつきのものや加齢による後部硝子体剥離といった生理的な飛蚊症がありますが、それらは特に治療する必要はありませんし、心配する必要はありません。ただ、注意しておかなければいけないのが病気である飛蚊症です。それは網膜裂孔や網膜剥離が原因となって起こる飛蚊症です。

網膜裂孔とは、加齢によって起こる後部硝子体剥離の際に、硝子体と網膜の強い癒着や網膜が弱っていることで硝子体の収縮により網膜が引っ張られる形で引き裂かれたり、網膜に孔が開いてしまう病気です。この網膜裂孔をさらに放置すると、開いてしまった孔から液体状になった硝子体が網膜の後ろに入り込んでしまい、網膜が剥がされてしまう網膜剥離という病気になります。

網膜裂孔、網膜剥離は症状として飛蚊症が出てくる他には視野欠損や急激な視力低下が挙げられます。網膜剥離になると失明する可能性もあるため、初期症状として現れることが多い飛蚊症には注意しておかなければなりません。

ぶどう膜炎

網膜裂孔、網膜剥離といった網膜疾患以外にも飛蚊症の原因となる目の病気があります。それがぶどう膜炎です。ぶどう膜炎とは、虹彩、毛様体、脈絡膜という眼球を覆うように広がっている組織であるぶどう膜の炎症の事です。

ぶどう膜炎になると硝子体内に炎症性細胞が広がっていくために飛蚊症の症状が表れます。また、それ以外の症状としてモノがかすんでいるように見える霧視、光がまぶしく感じる羞明感、目の痛みや目の充血などがあります。

飛蚊症の検査

飛蚊症の検査では散瞳眼底検査が行われます。散瞳眼底検査とは、点眼薬で瞳孔を開かせて眼球内部を観察する検査の事です。この検査によって網膜周辺の孔や裂け目の有無やその状態を確認することが出来ます。

生理的な現象による飛蚊症であれば、問題はありませんが網膜裂孔や網膜剥離といった目の病気が原因として飛蚊症の症状が出ている場合には少しでも早く原因疾患を見つけることが大切なので、飛蚊症が気になる方は一度検査を受けてみると良いでしょう。飛蚊症の約8割は問題がない生理的な現象による飛蚊症ですが、目の病気である可能性もあるのです。

飛蚊症の治療

飛蚊症の治療は、生理的な現象によるものである場合には特に治療する必要はありません。加齢によって硝子体にシワが出来るような場合は、時間が立つにつれて脳が慣れて飛蚊症の症状を自覚しにくくなり症状が緩和されていきます。そのため、生理的な現象による飛蚊症の治療では薬は使わず経過観察が行われるのが一般的です。

ただ、網膜剥離といった目の病気が原因となっている場合にはその病気の治療を行うことが大切になります。また、飛蚊症の症状を緩和させるための治療としては硝子体手術やレーザー治療などが行われています。硝子体手術では、硝子体の混濁を除去することで飛蚊症の症状を緩和させることが期待出来、レーザー治療では硝子体内のシワや濁りをレーザーで粉砕・分散させることで飛蚊症の症状を緩和させることが期待出来ます。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー