目の充血の原因と正しい治し方

目の充血は結膜充血と毛様充血に分けられます。結膜充血は自然と治ることが多いですが、毛様充血は病気が原因となっていることがありますので、要注意です。また、充血を治す方法として目を温める方法よりも目を冷やす方法の方が効果的です。

a5c830a7615106892578045f967f5f76_s

目の充血の原因

目の充血とは目の血管が膨らんでしまった状態の事です。目の血管は元々非常に細いため、通常時であれば外から目立って見えることはありませんが、何らかの原因によって目の血管が膨らんでしまうことで目立たなかった血管が目に見えて目立つようになり目が赤く見えるのです。

つまり、目の充血とは血管の膨張によって普段見えにくい血管が見えやすくなり目が赤く見えてしまう症状の事を言います。目の充血は大きく分けると結膜充血と毛様充血があります。

結膜充血

結膜充血とは、白目周辺部が赤くなり、まぶらの裏も充血している目の充血の事です。結膜充血が起こる原因としては、目にゴミが入る、目を強くこする、プールで泳ぐことで消毒用塩素の刺激を受ける、屋外で長時間紫外線を浴びるなどの外部からの刺激が一つの大きな原因になります。

また、長時間パソコンのようにディスプレイ画面を見続けることも大きな原因で、疲れ目や眼精疲労、ドライアイといったものが原因となりえます。

徹夜明けに目が充血してしまっていたという経験は多くの人が一度は経験ししているとは思いますが、徹夜や睡眠不足も結膜充血の原因となります。

毛様充血

結膜充血と比べて要注意なのが毛様充血です。毛様充血はぶどう炎、角膜炎、強膜炎、急性の緑内障といったように目の病気が原因となっていることがあります。

毛様充血は角膜である黒目の周りが赤くなってます。結膜充血は目の両端側当たりを中心に充血しますが、毛様充血は黒目の周辺中心に充血するという特徴があります。また、結膜充血は目やにがであることがありますが、毛様充血は目やにが出ず、充血はまぶたの裏まで出ない点も特徴としてあります。

目の充血を治す方法

目の充血を治す方法として、目を温める方法や目を冷やす方法がありますが、基本的には目を冷やす方が効果があります。目を温めるという方法は筋肉の凝りをほぐす効果はあっても膨張してしまっている血管が原因となって表れる目の充血にはさほど効果がありません。

まずは冷やすことが大切

目の充血は、炎症によって血管が膨らんでしまっている状態です。そのため、目を温めることをしてしまうと余計に血流量を増やし血管を膨張させてしまうことになるため、目の充血の初期段階では目を温めることは逆効果になってしまいます。

初期段階では炎症を抑えることが大切ですので、冷やすことが大切です。温めることは血管を膨張させることになりますが、冷やすことは血管を収縮させ膨張を抑えることに繋がります。そのため、炎症を抑える効果があり、目の充血を治すのに効果的です。

そのため、冷やしたタオルをまぶたの上に乗せて冷やしてみましょう。

炎症が収まってきたら温める

冷やすことで炎症が収まり目の充血も収まってきたら、今度は目を温めてあげましょう。炎症が収まってくると、目の周りの筋肉が疲労していますので、目の痛みを伴うことがあります。冷やすことは炎症を抑える効果はありますが、筋肉の疲労を回復させることは出来ません。

そのため、炎症が収まったら今度は筋肉の疲労を回復させるためにも目を温めて血流量を増やし、筋肉の凝りをほぐしてあげてください。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー