目に良い成分と食べ物

目に良い食べ物で眼病や視力低下予防

疲れ目や眼精疲労予防、白内障や緑内障、加齢黄斑変性症の予防といった視力低下をもたらす眼病予防が期待出来る栄養素はいくつかあります。代表的なものとしてはブルーベリーやビルベリーに多く含まれるアントシアニンや緑黄色野菜に多く含まれるルテインです。

8fe2691c07b256f6d760e23961146a0d_s

目に良い抗酸化物質

アントシアニン

目のかすみや目の疲れ、目のしょぼつきといった疲れ目や眼精疲労、視力低下に繋がる白内障や緑内障の予防効果があると言われるのがアントシアニンという抗酸化物質です。

目の健康の代名詞とも言われる栄養素のアントシアニンはブルーベリー、ビルベリー、カシス、ブドウ、プルーン、ナス、紫キャベツ、紫玉ねぎなどに多く含まれています。

アントシアニンは強い抗酸化物質を持つ栄養素のため、活性酸素による酸化ストレスのダメージが原因となる白内障や緑内障の予防に効果があります。また、目から入ってきた光を脳へと伝達する過程に起こるロドプシンの再合成を促進する働きがあるため、夜間での視力改善効果が高いです。

ルテイン

目の生活習慣病と呼ばれる白内障や加齢黄斑変性症の予防・改善効果があると言われるのがルテインです。ルテインは目の水晶体や網膜に存在している物質で、有害な紫外線から目を守る役割を果たしています。

白内障は紫外線によるダメージで水晶体が白く濁ってしまうことで起こり、加齢黄斑変性症は紫外線による強い刺激で網膜の黄斑部が変性してしまうことで起こります。ルテインは水晶体や網膜の黄斑部で組織を守る役割があるため、目の様々な病気の予防効果がある栄養素として数多くの研究が進められています。

ルテインは主に緑黄色野菜に含まれており、ブロッコリーやほうれん草、ケール、キャベツ、カボチャなどに多く含まれています。

目に良いビタミン

ビタミンA

目の角膜や網膜の働きを助けてくれるのがビタミンAです。目から入ってくる最初の光を透過させる角膜の保護や透明度を維持するのに欠かせないビタミンであり、目から入ってくる光を感じ取るためになくてはならないロドプシンという色素の主要成分となっているビタミンです。

ビタミンAは人参、ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃといった緑黄色野菜に多く含まれており、それ以外では鶏レバーやうなぎなどに多く含まれています。

ビタミンB1

不足することで脚気弱視と呼ばれる軸性視神経炎を起こし視力低下をもたらすとされるビタミンB1。ビタミンB1は疲労回復に役立つビタミンです。糖質をエネルギーに変換する役割があり、体の疲労回復とともに目の疲労回復に効果があり、眼精疲労の予防に役立つと言われています。

ビタミンB1は豚肉、発芽玄米、玄米、うなぎ、ハムなどに多く含まれています。

ビタミンB2

皮膚や粘膜の健康を保つために欠かせないのがビタミンB2です。このビタミンは目にとっても大切なビタミンで目の粘膜を守ってくれます。そのため、目薬の成分として使われることも多く、疲れ目による目の充血を防ぐ役割があります。

ビタミンB2はいわしやさばといった青魚、チーズや牛乳といった乳製品などに多く含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の代謝を助ける働きがあり、タンパク質が主成分となっている目の水晶体や毛様体筋の健康を守ってくれます。そのため、眼精疲労や目の炎症を予防する効果があります。

ビタミンB6はマグロの赤身や牛レバー、鶏むね肉などに多く含まれています。

ビタミンB12

視神経の働きを高めるビタミンB12は目から入ってきた光を視覚情報として脳にスムーズに伝える役割があります。また、目の粘膜組織を正常に保つ働きもあるため、不足することで角膜や結膜炎が起こりやすくなります。

ビタミンB12はしじみやあさり、牡蠣、ホタルイカといった魚介類に多く含まれています。

ビタミンC

目の水晶体の透明度を保つ働きがあり、水晶体が濁ることで起こる白内障の予防に効果があるとされているのがビタミンCです。ビタミンCは強力な抗酸化作用によって水晶体を酸化ストレスから守ってくれる役割があります。

ビタミンCはレモン、グレープフルーツ、ゴールドキウイ、柿、赤ピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれています。

ビタミンE

血行促進作用のあるビタミンEは目の周辺の血液循環をスムーズにする役割があるため、目の健康を維持するためにも大切な栄養素です。目は多くの血管が集まっているため、血行を良くし各細胞や組織に酸素や栄養素の補給、老廃物の排出などを正しく機能させることが目の健康に繋がります。

ビタミンEはアーモンドやカシューナッツといったナッツ類に多く含まれています。

目に良いミネラル

亜鉛

体内で発生し細胞を酸化ストレスの脅威にさらす活性酸素を除去する働きを持つスーパー・オキシド・ディスム(SOD)の構成成分になっているのが亜鉛です。そのため、亜鉛は活性酸素の除去にも役立つミネラルで抗酸化作用が期待出来ます。

アメリカの疫学調査では亜鉛と抗酸化ビタミンを一緒に摂ることで加齢黄斑変性症の発症前の状態である前駆病変からの発症率を抑えられるという報告が行われています。

亜鉛は牡蠣、ウナギ、牛肉、チーズ、レバー、シジミなどに多く含まれています。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー