ドライアイの検査方法と治療方法

目の乾燥することで目のかすみや目の充血、目の痛みなどの不快な症状を彦起こすドライアイの検査はシルマー検査やフルオレセイン染色といったものが行われます。治療方法では点眼薬による薬物療法と涙点プラダの埋込という方法が取られています。

7f0638d0e0291e96e9a683243d648d58_s

ドライアイはなぜ起こるのか

ドライアイは涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下してしまうことで目の表面の潤いをキープ出来ず、目の表面である角膜が傷ついたり、炎症を起こしたりすることで起こります。

ドライアイになると目の乾燥とともに目がショボショボして開けるのがつらい、目が充血してしまう、目が痛む、光がまぶしく感じるなどの症状が表れてきます。これらは目が乾燥してしまうことで、角膜に傷がついたり、炎症によってもたらされるので、ドライアイを治すには涙の分泌量の低下や質の低下を改善することが大切になってきます。

ドライアイの検査方法

シルマー検査

涙の量を調べる検査として一般的なのがシルマー検査です。ドライアイは涙の量の低下が原因ですので、シルマー検査によって涙の量を調べるのが最もポピュラーな方法になります。

この検査では、専用のろ紙を使います。細長いろ紙を瞼の縁にはさんで5分の間にどれほどの長さまで濡れるかどうかを調べます。より長く濡れれば涙が多いという事になり、より短くまで濡れなければ涙が少ないという事になります。

このシルマー検査によって涙の基礎分泌量を測定することが出来、ドライアイかどうかを判断する大きな判断材料となります。

フルオレセイン染色

シルマー検査によって涙の分泌が少なかったり、ドライアイの可能性があると見なされればフルオレセイン染色が行われます。こちらは眼球全面の傷や凸凹状態などを見るための検査です。

色素で角膜を染色し、生体顕微鏡にて調べます。この検査によって角膜の傷の有無を確認することが出来ます。

涙液層破壊時間検査

ドライアイの検査では涙液層破壊時間検査が行われることもあります。こちらの検査は、瞬きの後に表面の涙の膜がどれほどの時間によって破壊されるのかを測定する検査です。

ドライアイの治療方法

点眼薬

ドライアイの治療方法として点眼薬が一般的です。ドライアイの症状が軽い場合には潤いを持たせる点眼薬で緩和させることが出来ます。

点眼薬には涙と同じ塩分濃度の人工涙液、涙の蒸発を防ぐヒアルロン酸、ムチンの分泌を促進する成分を配合した涙のムラを整える薬などがあります。

涙点プラダ

点眼薬では効果が得られない場合に涙点プラダを使った治療が行わることがあります。この治療方法は、涙点プラダというシリコン製の栓を涙の排出口である涙点に埋め込む治療です。その事によって涙の排出を減らし涙の乾燥を防ぐことが目的です。

涙点プラダは大きさが直径0.6mm~0.8mmの極小サイズで、目薬による部分麻酔によって処置が行われます。処置時間は約5分程と非常に短く、費用も保険が適用されて1箇所当たり3000円と治療を受けやすいのが特徴です。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー