目のこと

タバコは目の失明リスクが高まる!?受動喫煙にも要注意

タバコはガンの発症リスクが高まるだけではなく目の失明のリスクを高めます。タバコを吸うことで失明原因となる目の病気の発症リスクを高めてしまうことが研究結果から判明しています。さらに、喫煙者だけではなく非喫煙者の人も受動喫煙には注意しておかなければなりません。

5e613ad85c4e4aa517f2c20dd0dfe783_s

喫煙による目の影響

タバコにはニコチンや一酸化炭素、タールといった有害物質が多く含まれています。これらの有害物質は発がん性のリスクばかりが注目されることが多いですが、目への影響も大きいです。

タバコの有害物質の代表格であるニコチンは末梢血管を収縮させる作用があるため、ニコチンによって血行が悪くなれば目周辺の血行も悪くなります。目の各組織は血液によって酸素や栄養素を受け取り、代謝を行うことで健全な機能を果たしているのですが、十分な酸素や栄養素が届かなくなると代謝不良となり機能の低下に繋がり目の不快な症状や目の病気を引き起こす元となります。

加齢黄斑変性発症リスクが2.4倍

欧米では失明原因の第一位である重大な目の疾患である加齢黄斑変性症。日本でも失明原因第四位であるこの病気は喫煙によって発症リスクが高まってしまうことがアメリカの研究によって判明されています。

米国にあるハーバード大学の研究グループが健康な女性約3万人に対し12年間もの長期的な調査を行った結果、1日当たりタバコを平均25本以上吸い続けた人は非喫煙者と比較して加齢黄斑変性症の発症リスクが2.4倍、1日当たり15本から24本の喫煙者は非喫煙者に比べて発症リスクが1.4倍もあることが分かっています。

このデータから喫煙による加齢黄斑変性症との関係性は明白で、タバコが失明に繋がる加齢黄斑変性症の発症リスクを高めることが分かります。

白内障の発症リスクが2.6倍

目のレンズ機能を担っている水晶体が濁ってしまい視力の低下に繋がる白内障の発症リスクも喫煙によって高まることが分かっています。白内障は現在は医療技術の発展により失明に繋がることは少なくなっていますが、医療技術が未熟で医療体制も十分ではない発展途上国ではいまだに失明原因第一位になっているのが白内障です。

アメリカの調査では1日に20本以上のタバコを吸う人は全くタバコを吸わない人に比べて白内障を発症するリスクが2.6倍も高くなることが分かっています。白内障になると水晶体が白く濁ってしまうことで、目が白くかすんで見えたり、光が水晶体で乱反射してしまいまぶしく感じるなどの症状が出て視力低下に繋がります。

白内障は初期段階ではほとんど自覚症状がないため、症状が表れるようになった頃には病気がかなり進行してしまっている可能性があります。そのため、初期の段階で症状から気づくことが出来ず、気づいたときには病気がだいぶ進行してしまっている後という事になります。

煙がドライアイの原因となる

タバコを吸うと煙が目にしみることがあると思いますが、それはタバコの有害物質によって目の角膜に傷ついていることが原因です。タバコの煙は目の涙の質を落としたり、目の涙の量を減らしてしまいますので、ドライアイを引き起こします。

ドライアイになると目の表面である角膜を外部の刺激から守ってくれている涙の量が減ったり、質が低下してしまうため、目が外部からの危険な物質にさらされてしまい角膜が傷つきやすくなります。そのため、煙が目にしみたり、ドライアイによる目の充血や目の乾き、涙が出るといった症状が表れてしまうのです。

喫煙者だけではなく受動喫煙も要注意

タバコによる目の被害に気を付けなければならないのは喫煙者だけではありません。タバコを吸うことが無い人もタバコによる煙を無意識の内に吸ってしまう受動喫煙に注意しておかなければなりません。

有害物質を多く含むタバコの煙は、喫煙者本人が吸う主流煙とタバコの先から立ち上る副流煙に分けることが出来ます。タバコを吸う習慣がない人でも注意しなければいけないのが、タバコの先から立ち上る副流煙です。

タバコは吸う人本人が一番健康被害を受けるのに変わりはありませんが、副流煙を吸ってしまう人もタバコによる被害を受けることになります。なぜなら、副流煙にも多くの有害物質が含まれているからです。その量はなんと、喫煙者本人が吸う主流煙よりも多いと言われており、有害物質であるニコチンは約2.8倍、タールは約3.4倍、一酸化炭素は約4.7倍もの量が副流煙に含まれているのです。

これだけ多くの有害物質を含んでいるため、喫煙とは無縁な人でも近くの喫煙者の煙によってタバコによる被害を受けることになってしまうのです。そのため、カフェや居酒屋など飲食店を選ぶ際には完全禁煙或いは分煙がしっかりしているお店を選ぶようにすることが大切です。また、身近な人でタバコを吸っている人がいる場合は出来るだけ近くでは吸わないように配慮してもらいましょう。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー