目の病気

白内障の症状・原因・検査・治療方法まとめ

水晶体が白くにぼってしまい視力が低下してしまうのが白内障です。白内障は医療の進歩により失明のリスクは低下しましたが、自覚症状がほとんどなく自覚するのは病気がある程度進行してしまってからのため、早いうちから白内障のことを理解しておくことが大切です。

88ffbc06833562eb2cdea088075489bb_s

白内障とは

白内障とは目のレンズ機能を果たしている水晶体が白く濁ってしまいモノが見えにくくなったり視力が低下してしまう病気の事です。

白内障は加齢によって引き起こされることが多く、40代50代から発症し、80代になるとほとんどの人が白内障となり、90代にはほぼすべての人が白内障になってしまうと言われています。それほど年齢が上がるにつれて発症する確率が高く、加齢による影響が大きい病気なのです。

白内障は進行が酷くなると失明に至る可能性もありますが、治療技術の発達により日本では眼病による失明ランキングでは第8位と低いです。ただ、いまだ医療技術や体制が劣る発展途上国では失明原因のトップになっている病気です。

白内障の症状

白内障は初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、白内障になっても自分が白内障であることに気づかずに病気がどんどん進行していってしまうことが多いです。

白内障が進行していくと、水晶体が白く濁ることにより物が薄く見えたり、濁りによって水晶体内で光が乱反射してしまうことからまぶしく感じるようになったり、霧がかかったようなモヤやボケといった症状が見られるようになります。

特に目がかすんで見える、光がまぶしく感じるといった症状が白内障の大きな特徴です。しかし、これらの症状は初期段階では見られることが少なく、病気がある程度進行していってからようやく症状に自覚することが多いので、早い段階から白内障を始め目の病気には注意しておく必要があります。

白内障の原因

白内障は全体の9割が加齢が原因で起こります。加齢を原因とする白内障は加齢白内障或いは老人白内障と呼ばれています。

目のレンズの役割を果たしている水晶体はタンパク質を含んでいるのですが、このたんぱく質が活性酸素によって酸化され性質が変化してしまい水晶体が白く濁ってしまいことになるのです。

活性酸素による酸化ストレスに対抗するには抗酸化物質が有効ですが、体内の抗酸化物質は年齢を重ねるごとに減少していき、次第に酸化ストレスに弱くなって酸化ダメージを受けやすくなるのです。白内障は年齢が上がれば白内障になる可能性が一気に高くなるため、加齢によって抗酸化作用が低下してしまうことと大きく関係しています。

また、加齢による加齢白内障以外にはアトピーや糖尿病などの疾患やステロイド等の特殊な薬による影響、外傷などによって発症することもあります。

白内障の検査方法

視力検査

白内障の検査ではまず一般的な遠方視力検査が行われます。この時にメガネやコンタクトレンズを付けて測る矯正視力が落ちてしまっている場合に白内障の可能性が疑われます。

細隙灯顕微鏡検査

白内障の疑いがある場合には細隙灯顕微鏡検査が行われます。この検査は眼球内の異常や病変の有無を調べる検査で、水晶体の透明度を確認することも出来ます。

白内障の場合には水晶体が白く濁ってしまっているので、この検査によって濁っているかどうか、どれほど白内障が進行しているのかを調べることが出来ます。また、治療を行っていく上での経過観察でもこちらの検査で白内障の進行具合を調べます。

白内障の治療方法

薬物療法

白内障の治療ではまずは薬物療法がおこなわれます。薬物療法は目薬が中心で、ピレノキシン、グルタチオンといった薬が代表的なものになります。白内障ではこの薬物療法が一般的ですが、残念ながら白内障を根本的に治すものではなく、一度濁ってしまった水晶体を元の透明な綺麗な状態に戻すことは出来ません。

そのため、薬物療法では視力を回復させることも出来ません。あくまでも白内障の進行を遅らせるというものです。

白内障手術

白内障によって日常生活にも支障をきたす場合には白内障手術が行われます。白内障手術は超音波で光を通さない濁った水晶体を吸引し、新たに眼内レンズを挿入する方法で行われます。

薬物療法では白内障の進行を抑えることは出来ませんが、白内障手術では濁ってしまった水晶体を新たなレンズに取り替えるため、白内障になる前の視力を取り戻すことが出来ます。

以前は白内障手術の場合には入院が必要でしたが、現在では日帰り手術も可能になっており、半々ぐらいの割合で日帰り手術が行われています。手術は大学病院や総合病院だけではなく多くのクリニックや町の眼科でも受けることが出来ます。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー