目の病気

白内障を予防する方法

水晶体が濁ってしまい視力の低下をもたらす目の病気である白内障を予防するためには紫外線による影響を出来るだけ抑えることと、強い抗酸化作用のある成分を摂取して水晶体を酸化から守ってあげることが大切になります。

827d19370decea83764c6987f7d04708_s

白内障は早期対策が大切

白内障の予防は出来るだけ早期に始めることが大切です。なぜなら白内障は知らず知らずの内に病気が進行していってしまう病気だからです。白内障は、初期段階ではほとんど自覚症状はありません。そのため、白内障になってしまっても初期の内に自覚し、早期に治療を始めることは困難です。

ほとんどの場合、白内障は病気がどんどん進行してしまって症状がはっきりと表れるようになってしまってから自覚することになってしまいます。そのため、水晶体は広く濁ってしまったり、視力が大きく落ちてしまっていたり、光がまぶしく感じたりといったように、白内障が進行してしまった状態になってようやく白内障であるかもしれないと自覚するようになるのです。

また、白内障は全体の9割が加齢が原因で起こりますので、年齢を重ねるとどんどん白内障を発症する可能性は高まっていきます。大体40,50代から発症する人が増え始め、80歳ではほとんどの人が発症し、90歳になるとほぼすべての人が白内障になると言われています。

そのため、出来るだけ早くのうちから白内障の予防対策をとっておくことが大切です。水晶体は一度濁ってしまうと決して元には戻りません。つまり、白内障で濁ってしまった水晶体によって低下した視力は水晶体を取り出し、人工レンズを挿入する手術をしない限り元に戻すことは出来ないのです。白内障は予防することで完全に防ぐことは出来ませんが、少しでも発症する可能性を抑えることが出来ますし、症状の進行を遅らせることが出来ますので、将来の白内障が気になった場合は出来るだけ早いうちから対策を取るようにしましょう。

白内障の予防方法

UV対策のメガネを使う

紫外線は白内障の原因の一つとして考えられています。紫外線は波長が短く、非常に強いエネルギーを持っているために、目に与える影響が大きいです。紫外線を浴びることによって水晶体の線維が破壊されてしまい、透明な水晶体が濁ってしまい白内障に繋がると言われています。

そのため、紫外線対策を取ることが白内障予防にはとても大切な事になります。水晶体が紫外線によって濁ってしまわないためにUVカット入りのメガネを使うようにしましょう。UVカットのためにサングラスを装着する人も多いですが、サングラスにはUVカット仕様のものとそうではないものがありますので、装着する際は必ずUVカット仕様のものを選んでください。UV対策がなされていないサングラスでは全く効果がありませんので、お店で購入する際は必ずUV対策がなされているかどうか確認しておきましょう。

日傘や帽子を活用する

UV対策のメガネ以外にも日傘や帽子も紫外線から水晶体を守ることになります。帽子はUV対策サングラスに比べると紫外線をカット出来る効果は弱いですが、それでも目に入ってくる紫外線の約20%をカットすることが出来るため白内障を予防することに繋がります。

また、日傘も効果的です。日傘は帽子よりも多くの面積をカバーすることが出来るため、より目を紫外線から守ることになります。日傘の場合はUV対策仕様のものが販売されていますので、UVカット入りの日傘を使うようにしましょう。

喫煙の方は禁煙する

タバコを吸う人は白内障を発症するリスクが高まります。アメリカの研究では1日に20本以上のタバコを吸う人は非喫煙者に比べて白内障を発症するリスクは2.6倍も高くなるという報告が行われています。

タバコには有害物質が多く含まれており、目の健康を阻害します。ニコチンは目の血行を阻害し、一酸化炭素は目への酸素の供給を阻害してしまいますので、喫煙は目に良くありません。喫煙者の方は白内障を予防するためにも、白内障の進行を遅らせるためにも禁煙することが大切です。

白内障の予防に良い食品

アントシアニン

ブルーベリー、ビルベリー、ブドウ、ナス、紫玉ねぎなどに多く含まれる青紫の色素成分であるアントシアニンには白内障を予防する効果があります。

アントシアニンは目に良いと言われるように、強い抗酸化作用を持っており、酸化ストレスによるダメージから目を守ってくれるので、白内障や緑内障の簿予防に効果があり、疲れ目や眼精疲労にも効果がある栄養素です。

白内障の場合、紫外線を浴びることで発生する活性酸素によって水晶体が酸化ストレスを受けて白く濁ってしまうことが発症の一つの原因となりますが、アントシアニンは強い抗酸化作用で水晶体が紫外線からのダメージを受けて白く濁ってしまうのを防ぐ効果があることが研究結果からわかっているのです。わかさ生活研究所の実験結果では、マウスにアントシアニンが含まれる餌を与えたところ、白内障の進行が緩やかになったとの結果が報告されています。

ビタミンC

ビタミンは目の健康を守る重要な栄養素で、その中の美容に注目を集めることが多いビタミンCも目にとっては重要なビタミンなのです。ビタミンCは高い抗酸化作用を持っており、白内障を予防する効果があるとされています。ビタミンCは水晶体の透明度を保つ役割があり、白く濁ってしまうことで発症する白内障に役立つビタミンなのです。

実際、ビタミンCと白内障に関する研究では1日に260mg以上のビタミンCを摂取することで白内障の予防効果が得られたとの報告が行われています。ビタミンCは一度濁ってしまった水晶体を元の透明な状態に戻すことは出来ませんが、酸化を抑えることによって白内障の予防だけではなく進行を遅らせることが出来ます。

ビタミンCは主にレモン、グレープフルーツ、ミカンといったかんきつ類やイチゴ、キウイフルーツ、柿といった果実に多く含まれており、野菜ではブロッコリーや赤ピーマンなどに多く含まれています。

ルテイン

ほうれん草、ブロッコリー、ケールなど緑黄色野菜に多く含まれるルテインという栄養素も白内障予防に効果があります。このルテインという色素は実は目の水晶体や網膜に存在している色素で、紫外線や青白色の光線を吸収し眼球内の組織を保護する役割を果たしているのです。

水晶体では強い抗酸化作用により紫外線の活性酸素による酸化を抑える働きを果たし、水晶体を守ってくれます。実際、ルテインを積極的に摂取することで白内障の予防に効果があると言われています。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー