目のかすみの原因と対処方法

目のかすみは主に目を長時間酷使してしまうことで目の周辺の筋肉の疲労が溜まりピント調節機能が低下してしまうことで起こります。そのため、目の疲れを癒してあげることが目のかすみの改善に繋がります。ただ、目のかすみには白内障という目の病気が関係している場合もありますので注意が必要です。

98958215281fed77a985c396aac5708b_s

目がかすむ原因

目がかすむとは、目がぼやけて見えたり、かすんで見えたりすることです。つまり、モノがぼやけてしまいはっきりとモノを見ることが出来ない症状の事です。

疲れ目

近くのモノをずっと見続けていると目の周辺の筋肉が疲れてきます。人は近くのモノを見るときほど目の筋肉を酷使することになるため、近くのモノを長時間見ることで目の筋肉を疲弊させてしまうのです。

目の筋肉の一つである毛様体筋は近くのモノと遠くのモノそれぞれにピントを合わせるために水晶体を厚くさせたり薄くさせたりといった機能を果たしています。近くのモノを見ているときは水晶体を厚くさせる必要があり、長時間近くのモノを見続けると毛様体筋は厚くピークさせていなければならないために緊張状態に陥ります。

毛様体筋は遠くを見る時はリラックスしていますが、近くのモノを見る時は水晶体を厚くしなければならず緊張状態が続き疲れが溜まってしまうのです。そのため、長時間近くのモノを見る作業をしていると、筋肉が疲れてきて、いざ遠くのモノを見ようとした際に上手くピントを合わせることが出来ずに目のかすみという症状を引き起こしてしまうのです。

ドライアイ

涙の分泌量が低下してしまうことで起こるドライアイは、涙を目の表面全体に均一に広げることが出来なくなっているので、目の表面の涙の層にムラが出来てしまいます。

涙のムラが出来ることによってモノがぼやけて見える目のかすみという症状を引き起こすのです。ドライアイは目の疲れによっても起こりますし、目の疲れを引き起こす原因にもなります。そのため、目の疲れ同様に目を酷使する場合にはドライアイによる目のかすみにも注意しておかなければなりません。

加齢によるもの

年を取ると毛様体筋のピント調整能力が低下してしまいます。毛様体筋はピント調節において水晶体を厚くさせたり薄くさせたりといった重要な役割を担っていますので、加齢により毛様体筋の機能が低下してしまうと目のかすみの原因となります。

目のかすみは主にピントの調節が上手くいかないことで起こりますので、加齢によってピント調節が上手く行かなくなると目のかすみが出てきます。そのため、老眼対策として老眼鏡でピント調節力を補ってあげることが必要になります。

矯正が上手くいっていない

近視・遠視・乱視・老眼の場合にはメガネやコンタクトレンズによって矯正することでモノを正しく見えるようになりますが、矯正が上手く行っていないと目の疲れの原因になります。

目の視力は日々の生活の中で徐々に変化していくため、数年前に矯正してもらったメガネやコンタクトレンズが今では度数がずれてしまっているという事もあり得ます。その場合、度数が合っていないために、必死でピントを合わせようと目の筋肉に大きな負担がかかり、疲れ目になってしまうことで目のかすみという症状が起こってしまうのです。そのため、度数が合っているかどうか定期的に確認することが大切です。

白内障

目のかすみという症状が表れる目の病気に白内障があります。白内障は目のレンズ機能である水晶体が白く濁ってしまうことで視力が低下してしまう病気ですが、水晶体が濁ることで視界が白くかすんで見えたり、モヤがかかって見えるような症状が表れます。

白内障は目がかすんで見えるという症状以外に光がまぶしく感じるという特徴があります。ただ、これらの症状は初期段階ではほとんど自覚することはなく、歩いて程度病気が進行してから現れるようになるのが一般的です。

目のかすみの対処方法

長時間の作業には必ず休憩を取る

長時間ディスプレイ画面を覗くような作業の場合、必ず休憩を取るようにしましょう。1時間の作業の内、10分から15分は休憩時間に当てはめてください。目を長時間酷使してしまうと疲れや眼精疲労を引き起こし目のかすみといった一時的な視力低下を引き起こす原因となります。

近くのモノを見る作業には必ず休みを設け、目の周辺の筋肉を休ませてあげてください。そのためにも、休憩中は近くのモノではなく遠くのモノを見るようにしましょう。作業中は水晶体を厚くさせ毛様体筋を緊張させてしまっているので、遠くのモノを見て毛様体筋をリラックスさせてあげてください。

間違っても休憩中にまでスマホをいじるようなことはしないようにしましょう。休憩中にもスマホをいじってしまうと休憩中も近くのモノを見続けることになり、目を休ませることにはなりません。

ホットアイマスクで目を温める

目のかすみは目の疲れ、つまり目の筋肉の緊張状態が続くことでピント調節機能が低下してしまうことが主な原因ですので、目の凝りをほぐしてあげることが効果的です。

筋肉の凝りをほぐすには温める事が効果的です。そのため、長時間の作業で疲れてしまっている目を温めましょう。そこで役立つのがホットアイマスクです。温かいアイマスクで簡単に目を温めることが出来るので、非常に便利です。外出先でもデスクワークでも手軽に目を温めることが出来ます。

また、ホットアイマスクではなくとも温めたタオルでも大丈夫です。家に帰った際の目のケアとしてはお金のかからないホットタオルで目を温めてあげると良いでしょう。ホットタオルは電子レンジで濡れたタオルをチンするだけなので、経済的負担がありません。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー