目のこと

ブルーライトの影響と軽減対策

目の網膜に強い刺激を与えることで目への影響が大きいブルーライト。疲れ目や眼精疲労だけではなく加齢黄斑変性という目の病気の原因の一つになると考えられています。ブルーライトによるダメージを軽減し目を健康的に守るためにもブルーライトをカットする対策が必要です。

c5bbc77eae50882c31beaa4487b18577_s

ブルーライトとは

ブルーライトとは青色の可視光線の事です。可視光線とは、光の中で人間が見ることが出来る光の事で、およそ400~800mmの波長の光線のことを指します。

引用元:http://pc.lensya.com/goods/blc/

引用元:http://pc.lensya.com/goods/blc/

波長が短ければ短いほど光の持つエネルギーが強く、目や身体に大きな負担がかかります。長時間浴び続けると目に良くない光線の一つに紫外線がありますが、紫外線は波長が400mmより短く強いエネルギーを持っています。そのため、紫外線は目の中の奥にある網膜まで届き、網膜に強いダメージを与えてしまいます。

目を紫外線から守るUVカット入りのサングラスなどが販売されているのは、まさに紫外線という強いエネルギーを持つ光線が目に良くないということを表しています。

そして、ブルーライトは波長が380mm~500mmです。紫外線が400mm以下なので、ブルーライトは可視光線の中で最も紫外線に近く強いエネルギーを持つ光であることが分かります。紫外線が目に良くないように、それに近い強いエネルギーを持つブルーライトも紫外線同様に目に良くないのです。

しかし、ブルーライトはLEDライトの普及によりスマホやパソコン、テレビ液晶画面など身近な家電製品の多くに使われるようになっています。

ブルーライトの影響

目の疲れを引き起こす

ブルーライトは可視光線の中で波長が非常に短い光なので、空中のチリやホコリによって散乱してしまいます。そのため、散乱してしまっているブルーライトにより、パソコンやテレビ画面のぶれやちらつきが表れるようになり、その見にくいモノを必死でピントを合わせてみようとするために、目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れやすくなってしまうのです。

紙媒体の書籍を見ている時は長時間でもそれほど疲れにくいのに、液晶画面を見ている時には短時間でも目が疲れてしまうように感じるのは、まさにブルーライトが影響しているのです。ブルーライトによる画面のぶれやちらつきといったものが目に大きな負担を強いてしまい、目の疲れを生み、そこから疲れ目や眼精疲労に繋がっていってしまうのです。

目の病気の原因となりうる

モノを見る時は網膜という神経組織が光を感じ取り、そこで光の情報が電気的信号に変換され脳に伝わることで「視覚」が得られています。しかし、網膜が何らかの原因でダメージを受けてしまうと光の情報を受け取り、その情報を脳に伝えることが難しくなるため、視力の低下に繋がってしまいます。

ブルーライトは「視覚」において重要な役割を果たしている網膜、そして網膜の中心部にある黄斑部という組織にダメージを与えてしまいます。ブルーライトは紫外線に次いで強いエネルギーを持っているため、刺激が強く網膜や黄斑部にダメージを与えるのです。

網膜疾患や加齢黄斑変性という目の病気は加齢による酸化ストレスや紫外線による酸化ストレスによって網膜や黄斑部がダメージを受けることで発症することが多いですが、ブルーライトもダメージの原因となるので、目の病気をも引き起こしてしまうと考えられているのです。

睡眠障害

ブルーライトの影響は目だけではありません。ブルーライトは睡眠障害も引き起こす原因となります。ブルーライトは概日リズムと呼ばれる人間が持っている1日の生活リズムつまり体内時計を狂わせてしまう働きがあると言われています。

人は概日リズムがあるおかげで朝になると目が覚めて、夜になると眠くなるという規則正しい生活を送ることが出来ます。しかし、ブルーライトを長時間見続けることで概日リズムが崩れてしまい睡眠障害を引き起こすと言われています。特に夜間におけるブルーライトは脳内に分泌されるはずの睡眠物質であるメラトニンの分泌を抑制させてしまう働きがあります。

メラトニンは睡眠をもたらすホルモンのため、夜間にブルーライトの影響を受けてしまうと分泌量が減り入眠が妨げられたり、睡眠の質の低下に繋がってしまいます。

また、睡眠の質の低下はや入眠障害は睡眠不足により目の休息が十分に取れない原因にもなりますので、睡眠による影響は目の充血や疲れ目といった目の症状となっても現れてくることがあります。

ブルーライト軽減対策

ブルーライトの影響は目に良くありません。そのため、ブルーライトの影響を受けないようにすることが大切です。しかし、普段の生活の中からブルーライトを発する機器をなくすことは出来ませんので、今の生活スタイルを変えないでいかにブルーライトを軽減させるかが大切になります。

PC用メガネ

ブルーライトをカットするPC用メガネが多く販売されています。このタイプのメガネはブルーライトである青色の光を遮断する効果があるため、ブルーライト対策用のメガネを使ってみると良いでしょう。

ただ、普段からコンタクトレンズを使っていたり、コンタクトもメガネも使っていない裸眼の人にとってはメガネを使用すること自体ストレスになってしまうことがあります。そのためメガネ自体がモノを見るときの違和感に繋がる場合にはPC用メガネは避けた方が良いでしょう。

ブルーライト軽減フィルム

PC用メガネが苦手という方にはブルーライト軽減フィルムがオススメです。液晶画面自体にブルーライトを遮断するフィルムを張り付けるので、メガネをかけたときのような違和感はありません。

また、パソコンだけではなくスマホにもブルーライト対策の液晶フィルムが販売されているので、パソコンだけではなくスマホにもブルーライト対策を試みましょう。

パソコンの設定でブルーライトカット

PC用メガネやブルーライトカットフィルムを購入しなくても無料でブルーライトをカットする方法があります。それは現在使っているパソコンの設定でブルーライトをカットする方法です。パソコンではディスプレイの色の調整をすることで青色の光を抑えることが出来ます。

具体的には「コントロールパネル」から「デスクトップのカスタマイズ」の「ディスプレイ」を選択し、そこで「色の調整」を選択すると「カラーバランスの調整」という項目が出てきます。ここで青の量を減らすことが出来ます。

しかし、青の量を減らすことになるため、赤や緑の色彩が強くなり、画面の色味に違和感が出てしまいます。全体的に画面が黄ばんだような色味になってしまうので、あまりオススメは出来ません。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー