目に良い成分と食べ物

ブルーベリーが目に良い理由

ブルーベリーが目に良い理由は、目の健康を守るアントシアニン、ビタミンA、ビタミンEといった栄養素が多く含まれているからです。これらの栄養素は目の病気を予防したり、モノを見る機能を正常に働かせる効果があります。

e30f0d3fa1bfb732334de57b7e98df64_s

ブルーベリーとは

ブルーベリーとは北アメリカを原産国とするツツジ科の植物の事です。見た目が美しく青く輝いていることから、ブルーベリーと名付けられました。今現在では品種改良により約300もの種類があると言われています。

ブルーベリーは目に良いとされていますが、その理由はアントシアニンを多く含有しているからです。アントシアニンは強い抗酸化作用があり、さらに視覚機能を正常に保つためのロドプシンという物質の再合成を助ける働きがあります。

今となってはブルーベリーが目に良いことは一般常識として広く知れ渡っていますが、その発端は第二次世界大戦中に遡ります。第二次大戦中、あるイギリス空軍のパイロットが夜間飛行中や明け方の薄明かりの中でもものがはっきり見えたという証言に注目が集まったのです。彼はブルーベリージャムが大好きで、毎日のように大量のブルーベリージャムを食べていたので、ブルーベリーが目に良いのではないかと欧州の中心にブルーベリーの研究が始まったのです。

そこからブルーベリーに含まれるアントシアニンなどの有効性が注目されるようになり、その効果が数々の研究によって判明され、現在に至っているのです。

ちなみに、ブルーベリーには野生種と栽培種があり、野生種の方が栽培種よりも色合いが濃く、実も引き締まっておりアントシアニン含有量とポリフェノール含有量が多いです。そのため、目の健康を守るためには栽培種よりも野生種のブルーベリーを摂る方が効果的です。

ブルーベリーの成分と目への効果

目の健康を守るアントシアニン

ブルーベリーが目に良い最大の理由はアントシアニンを多く含有していることにあります。アントシアニンはロドプシンの再合成を助け、強い抗酸化作用により酸化ストレスによる老化を防ぐ役割があり、目の機能を正常に働かせ、目の病気を予防する効果があります。

目の病気として代表的として白内障や緑内障が良く知られていますが、アントシアニンは白内障や緑内障といった目の重大な病気を予防する効果があると考えられています。アントシアニンの強い抗酸化作用が紫外線からのダメージから目を守ってくれることで、紫外線によって白内障や緑内障が発症したり、進行が進むのを防いでくれるとされているのです。

また、目を酷使していると疲れ目や眼精疲労に陥り、目のかすみや視力低下といった症状が出てきます。その原因としてロドプシンの再合成が上手く行っていないことが挙げられます。ロドプシンは脳に視覚情報が届くために重要な役割を果たしているので、ロドプシンの再合成が上手く機能しないと視覚機能に問題が発生します。

アントシアニンはロドプシンの再合成を促す働きがありますので、目の酷使によってロドプシンの再合成が間に合わないことから起こる一時的な視力の低下や目のかすみ、目の疲れを改善する効果があるのです。

夜盲症を防ぐビタミンA

ブルーベリーにはアントシアニン以外にも目に良い成分が含まれています。その中の一つがビタミンAです。

ビタミンAはロドプシンの主成分になっています。ロドプシンは目が光を感じるためになくてはならない働きをしているためビタミンAが不足すると、明るい所から暗いところに行くと目が慣れるまで時間がかかってしまう夜盲症になってしまいます。

さらに、目の角膜や網膜の働きを助け、細胞や粘膜の新陳代謝を保つ働きをしているため、不足することで角膜の透明度が低くなったり、表面が乾いて炎症を起こしやすくなってしまいます。

ビタミンAは夜盲症を防いだり、角膜や網膜を守るだけではなく、アントシアニン同様に強い抗酸化作用があります。抗酸化ビタミンの一つであるビタミンAはアントシアニンと一緒に酸化ストレスによるダメージから細胞の老化を遅らせてくれるため、目の健康を維持するためにも大切なビタミンとなります。

目の血行を良くするビタミンE

抗酸化ビタミンの一つであるビタミンEもブルーベリーに含まれている栄養素の一つです。ビタミンEは強い抗酸化作用と血行促進作用で知られる栄養素で、細胞の老化を防いだり、末梢血管を広げて血行を促す作用があります。

全身の血行が良くなるので、当然ながら目の周辺の血行も良くなります。血行が良くなれば視覚に重要な役割を果たしている角膜や網膜・視神経に酸素や栄養素が届き、新陳代謝も活発にあり、それぞれが健康的に機能することで視覚情報がスムーズに脳に伝えられ、視覚機能が健全に働くことになります。

また、ビタミンEは強い抗酸化作用と血行促進作用があるため、動脈硬化や高血圧、糖尿病、高血糖症といった生活習慣病の予防にも効果があります。これらは目とは全く関係無いと思われる方もいますが、関係性が非常に強いです。生活習慣病は合併症として目の病気を引き起こすことがあり、失明のリスクもあります。

そのため生活習慣病を予防することも目の健康を守ることに繋がります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー