眼瞼けいれんの症状・原因・治療方法まとめ

まぶたの痙攣を引き起こす病気の眼瞼けいれん。日本国内では推計20~30万人の患者がいるとされており、男性よりも女性の方が多いという特徴があります。眼瞼けいれんは重症化すると眼を開けることが出来なくなってしまいます。放置しておいても自然と治ることは少ないので、早めに治療を受けることが大切です。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

眼瞼けいれんとは

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは、眼瞼つまりまぶたの痙攣の事です。まぶたの痙攣は自分の意思とは関係なしに筋肉の収縮によって起こります。つまり、眼瞼けいれんとは、自分の意思とは無関係に筋肉が収縮を起こす病気の事です。

眼瞼けいれんは、日本国内では推定20万から30万人の患者がいると言われています。男女別に見てみると男性よりも女性の方が多く、2倍から3倍女性の方が眼瞼けいれんになりやすいのです。また、年齢層で見てみると40~50歳以上の方に多く見られます。そのため、眼瞼けいれんは40~50歳以上の女性に多く見受けられます。

眼瞼けいれんの症状

眼瞼けいれんの症状としては、光がまぶしく感じる、眼を開けているのが辛い、眼が乾く、眼が自然と閉じてしまう、眼がしょぼしょぼする、まぶたの周りの筋肉がピクピクするなどがあります。さらに症状が進むと、まぶたがしょっちゅう下がってくるような感じがしたり、さらに症状が進むことで全く眼を開けていられなくなってしまうこともあります。

眼瞼けいれんはこのように自由に眼を開けにくくなったり、瞬きが増えたりすることから眼の開け閉めのスイッチが故障してしまった状態だと例えられることが多いです。また、眼瞼けいれんは抑うつ感があると症状が悪化してしまうとも言われています。

眼系けいれんは初期の段階では目が乾いたり、目が疲れやすくなったり、目が痛い、まぶしいなどドライアイに似た症状が出るためドライアイと勘違いしてしまうこともあります。しかし、ドライアイの治療を行っても一向に症状が改善されることはありません。

眼瞼けいれんの原因

眼瞼けいれんの原因は完全には解明されていません。ただ、まばたきを司る脳の神経回路が何らかの要因によって異常が起こり眼瞼けいれんが引き起こされると考えられています。その要因としては、精神的なストレスや遺伝的要因、加齢、薬の影響、化学物質の影響などが考えられています。

現在服用している薬が影響している眼瞼けいれんの事を薬物性眼瞼けいれんと呼ぶのですが、薬物性眼瞼けいれんを引き起こすものとしては向精神薬、抗不安薬、睡眠導入剤などが挙げられます。

眼瞼けいれんの治療方法

眼瞼けいれんは残念ながら根本的に治す治療方法はありません。そのため、症状を抑えるための対処療法が中心となります。眼瞼けいれんはほとんどの場合、放置していても自然と治ることはありませんので、適切な治療が必要になります。

薬物療法

眼瞼けいれんの症状が軽い場合に行われるのが薬物療法です。抗パーキンソン薬や抗コリン薬、向精神薬などを服用することで眼瞼けいれんの症状を緩和させます。しかし、薬物療法は費用が安価であり経済的負担が少なくて済む一方で、眼瞼けいれんに対する有効性は他の治療に対して劣っています。そのため、薬物療法で効果が得られない場合にはボツリヌス療法が勧められることになります。

ボツリヌス療法

眼瞼けいれんの治療方法として最も主流なのがボツリヌス療法です。ボツリヌス療法とは、眉間やまぶたにボツリヌス毒素を注射して、目をつぶる力を弱める治療方法です。ボツリヌス療法は効果が高く、7~8割の人に効果が見られます。

ただ、一回の注射で効果が持続するのは大体3~4カ月です。そのため、効果がなくなってきたら再度注射する必要があります。ボツリヌス療法は決して根本的な治療方法ではなく、あくまでも症状を抑えることが目的なので、注射で眼瞼けいれんを治すことは出来ません。そのため、3~4カ月おきごとに症状を抑えるための注射を行っていくことになります。

手術

眼瞼けいれんの主な治療はボツリヌス療法ですが、症状が重度の場合には手術を行うこともあります。手術では、目の周りを取り囲んでいる眼輪筋という筋肉の一部を切除する方法が取られます。しかし、この手術は再発の可能性もあります。また、手術で筋肉の一部を切除してしまうことによって、顔の表情が変わってしまうリスクもあります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー