目の症状

乱視の見え方・原因・検査・治療方法まとめ

モノが二重や三重に見えたり、夜にモノが見えにくくなる乱視は角膜や水晶体の歪みによって起こります。歪みによって焦点が合いにくくなり、モノが見えづらい症状が表れます。乱視の治療は主にメガネやコンタクトレンズによる矯正が行われ、強い乱視の場合にはハードコンタクトレンズが使われます。

4bcf8ae7c7ba2e1ab9fd972e796642e0_s

乱視とは

乱視とは角膜や水晶体が歪んでしまっているために、焦点が合わず物が二重に見えたり、ものがぼやけて見えるといった症状が表れる目の状態の事を指します。

正乱視

乱視には正乱視と不正乱視があり、角膜や水晶体が綺麗な楕円ではなく楕円形に歪んでいることで目から入ってきた光の焦点が2箇所に出来てしまう乱視のことを正乱視と言います。

一般的に乱視と言えば、この正乱視の事を指します。正乱視にも種類があり、レンズが縦方向に歪んでいるものを直乱視、横方向に歪んでいるものを斜乱視、斜め方向に歪んでいるものを斜乱視と言います。正乱視は、ほとんどの場合が直乱視です。

不正乱視

不正乱視は角膜の表面がデコボコになっていることで起こる乱視です。正乱視は2点で焦点が結ばれますが、不正乱視の場合はどこにも焦点が結ばれません。不正乱視は円錐角膜や角膜潰瘍、外傷といった角膜の疾患やレーシックなどの屈折矯正手術の後遺症として後天的に起こることがある乱視です。

乱視の見え方や症状

乱視の場合、目から入ってくる光の焦点が2箇所出来てしまうことで物が二重に見えたり、三重に見えたり、縦や横にモノがだぶるようにぶれて見えたり、近くや遠くのモノがぼやけて見えたり、光がにじんで見えたりといった見え方をする症状が表れます。

本来、目から入ってきた光は角膜や網膜の屈折力によって網膜の1点にピントが合うのですが、角膜や水晶体が歪んでしまっている乱視の場合は焦点が2点出来てしまったり、そもそも焦点が結ばれないことになるため、モノが二重に見える、三重に見えるなどの症状が出てくるのです。

また、乱視の症状として夜にモノが見えづらい、夜間の車のヘッドライトがぼやけてみるなどの目の見え方に関する症状以外にも頭痛や眼痛を伴うことがあります。

乱視はモノがぼやけて見えてしまっている状態なので、その見えなくい状態を改善するために目の筋肉が絶えずピントを合わせようと動くために目に疲労が溜まりやすくなり頭痛や眼痛といった眼精疲労の症状が表れやすくなります。

乱視の原因

乱視の原因は角膜や水晶体の歪みです。角膜や水晶体は目から入ってくる光を屈折させ、眼の眼底(目の奥)にある網膜に焦点を結ぶ役割を果たしています。屈折の力によって網膜に焦点が結ばれることによってモノをはっきり見ることが出来るので、角膜や水晶体の歪みによって焦点が合わない乱視の場合にはモノがはっきり見えない症状が出てくるのです。

ただ、乱視はなにも特別なものではありません。人の目には個体差がありますので、誰でもある程度の乱視状態と言えるのです。角膜や水晶体は完璧な球面ではなくある程度は歪んでいます。そのため、程度の差ことはあれど誰でも乱視の状態と言えます。

軽微な角膜や水晶体の歪みの場合には視覚にそれほど影響がありませんので、一般的に言われるような乱視の症状が出ることはありません。しかし、その歪みの度合いが大きい場合には視覚に与える影響が大きくなりますので、個体差による歪みの大きさから物が二重に見えたり、ものがぼやけてみたりする乱視となってしまうのです。

また、一般的に乱視と言えば角膜や水晶体の歪みによる正乱視のことを指しますが、角膜の疾患や矯正手術の後遺症として後天的に発症する不正乱視もあります。不正乱視は角膜表面がデコボコになってしまうことが原因です。

乱視の検査方法

乱視の検査は主に放射状の線からなる乱視表を使って行われます。この検査のことを乱射線乱視表測定と言います。乱視の場には、ピントが合っていない方向の線がはっきり見えますが、ピントが合っていない方向の線はぼやけて見えてしまいます。ピントが合うか合わないかは、線がぼやけるぼやけないとは逆の関係にありますので、ピントが合わない方向の線がはっきり見え、逆にピントが合う方向の線がぼやけて見える形になるのです。

乱視の乱視表はインターネットで検索すればすぐに見つけることが出来ますので、乱視が気になっている方は一度乱視表でセルフチェックをしてみるといいでしょう。

乱視の治療

乱視の治療は基本的にメガネやコンタクトレンズによる矯正が行われます。乱視の程度が弱い場合には円柱レンズであるメガネやソフトコンタクトレンズによって矯正することが出来ます。乱視の度合いが強い場合にはメガネやソフトタイプのコンタクトでは限界があるので、ハードコンタクトレンズによる矯正が行われます。

しかし、最近は以前ではハードコンタクトレンズでしか矯正出来なかった乱視の場合でもソフトコンタクトレンズによって矯正出来るようになっています。以前では、ソフトタイプの場合、角膜の歪みに沿ってコンタクトレンズも柔らかく歪んでしまうため矯正することが難しかったのですが、最近になって新しいタイプのソフトコンタクトレンズが発売されるようになり、ハードタイプでしか矯正出来なかった乱視もこのソフトタイプで矯正出来るようになりました。

ただ、それでもソフトタイプで上手く矯正できない場合もあります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー