加齢黄斑変性を予防する方法

加齢黄斑変性症の予防はブルーライトや紫外線による脅威から目の網膜を守ってあげることが大切になります。また、黄斑に多く存在している色素成分であるルテインを摂取することで加齢黄斑変性を予防することが出来るため、積極的にルテインを摂るようにしましょう。ルテイン以外にも予防効果がある栄養素はありますので、それらもしっかり理解しておくことが大切です。

8e581c08f5c9f4cb7e72dea6d36830a0_s

加齢黄斑変性の予防方法

ブルーライトの影響を軽減させる

LEDライトの普及によりブルーライトによる目への影響が注目されるようになりましたが、ブルーライトは加齢黄斑変性症を引き起こす一つの原因となると考えられています。

ブルーライトは非常に強いエネルギーを持っているため、刺激性が強く網膜や黄斑に大きなダメージを与えてしまうのです。そのため、黄斑がダメージを受けて変性が起こりやすくなり加齢黄斑変性症を引き起こします。

そういった事を防ぐためにもブルーライトによる影響を軽減させる対策を取ることが必要です。今ではブルーライト対策としてPC用メガネやパソコンやスマホの液晶画面に張り付けるブルーライトカットのフィルムが数多く販売されていますので、それらを活用してブルーライトによる影響を軽減させるようにしましょう。

UV対策で紫外線カット

ブルーライト同様に気を付けなくてはならないのが紫外線です。紫外線は人間が見ることが出来ない不可視光線で、波長が非常に短く、持っているエネルギーはブルーライトよりもはるかに大きいです。そのため、目への影響は強く、目の細胞の老化を促し、白内障や加齢黄斑変性症の原因になります。

紫外線をカットするためのUV対策商品はメガネやコンタクトレンズ、帽子、日傘など数多くのものが販売されていますので、それらを活用して紫外線から目を守ってあげましょう。UVカットのために必ずUVカット仕様のものを選ぶことが大切です。サングラスでもUV対策が施されていないものは普通にありますので、間違って普通のものを買ってしまわないようにしましょう。

タバコは控えること

タバコは加齢黄斑変性の発症リスクを高めます。ハーバード大学による研究では、タバコを1日25本以上吸う人はタバコを全く吸わない人に比べて発症するリスクが約2.4倍であったという報告が行われています。そのため、タバコは加齢黄斑変性の発症を抑えるためには、絶対に控えるべきものです。

現在喫煙する習慣がある人は出来るだけ早く禁煙することが大切です。タバコがもたらす目への影響は加齢黄斑変性症だけではなく、白内障の発症リスクを高めたり、ドライアイや眼精疲労をもたらすなど目の健康を阻害する大きな要因になります。少しでも早く禁煙することが重要です。

加齢黄斑変性の予防に良い食品

ルテイン

ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる黄色の色素成分であるルテインは黄斑変性症を予防する効果があります。

ルテインは目の網膜にある黄斑に多く存在しており、活性酸素から発生する酸化ダメージから黄斑部を守ってくれているのです。加齢黄斑変性は加齢によって、視覚を司る重要な黄斑が変性してしまうことが原因ですので、黄斑を活性酸素による酸化ストレスから守ってくれるルテインは効果が高い栄養素なのです。

実際にアメリカではルテインに関する臨床試験が行われ、そこでルテインの黄斑変性症に関する有力な結果が示されています。その試験ではルテインとゼアキサンチンを摂取することによって黄斑変性症のリスクが低下するというデータが得られています。

また、加齢黄斑変性症は委縮型と滲出型の二つのタイプがあり、大半を占める委縮型には特別な治療方法がいまだ確立されていませんが、ルテインを配合しているサプリメントを摂取することによって改善効果が期待できると言われています。実際に、委縮型の場合にはサプリメントによる経過観察が行われることも多くルテインが非常に有効な成分になっています。

アスタキサンチン

サケやイクラ、エビ、カニなどに含まれる赤桃色の色素成分がアスタキサンチンです。このアスタキサンチンは強い抗酸化作用があり、網膜の中心部にある黄斑の障害を治すのに有効とされています。

また、緑黄色野菜に多く含まれるルテインと一緒に摂取することで加齢黄斑変性への効果が倍になると言われています。

オメガ3脂肪酸

まぐろ、さば、いわし、さんま、ぶり、にしんなどに多く含まれるオメガ3脂肪酸は加齢黄斑変性症を防ぐことが出来ると言われています。オメガ3脂肪酸はDHAやEPAなどの血液に良い脂肪酸の事です。

オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにして網膜細胞の再生に役立つと考えられています。黄斑は網膜の中心に存在している細胞の事で、血液をサラサラにして代謝を良くすることで黄斑の変性を防ぐことが期待できるのです。特にDHAは目の網膜に含まれる脂肪酸の約40%を占める成分で、目の網膜の健康に欠かせない栄養素になっています。

亜鉛

牡蠣やウナギ、牛もも肉、レバーなどに多く含まれるミネラルの亜鉛は目の角膜や網膜を形作る物質です。また、人の身体にもともとある活性酸素を除去する働きをしているSODという酵素の構成成分のため、亜鉛をしっかり摂ることで活性酸素からのダメージを防ぐことになります。

アメリカの英学調査では、亜鉛と抗酸化ビタミンを一緒に摂取することで加齢黄斑変性症の前駆病変からの発症率を抑えられることが明らかになっていますので、亜鉛を摂ることも加齢黄斑変性を予防することになります。

目の悩みに最適なサプリ

めなり

配合成分

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC

こんな場合にピッタリ

  • 年齢による目の悩み
  • 目の健康を守る
  • 疲れ目や眼精疲労

目の悩みを持つ方にオススメ出来る「なめり」は目にとって必要な栄養素がたっぷり詰まっています。その代表的な成分であるアントシアニンとルテインもしっかり高配合されているので年齢から来る目の悩みにバッチリです。

さらに、ゼアキサンチンとアスタキサンチンが配合されているのもうれしいところです。ゼアキサンチンとアスタキサンチンを一緒に摂ることでルテインの効果は高まります。ルテインは加齢黄斑変性症や白内障といった眼病を予防する効果があることで知られており、目を守ってくれる役割があります。

めなりはアントシアニンとルテイン、それらの効果をより高めてくれるゼアキサンチン、アスタキサンチンとともにビタミンも豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも目にとって重要な成分のため、めなり一つで目にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することが出来ます。

カテゴリー